体臭で悩む女性へ…臭わせないワキガ対策完全版
TOP > パーツ別の体臭対策 > 陰部からワキガのニオイ…それ【すそわきが】かも?

陰部からワキガのニオイ…それ【すそわきが】かも?

デリケートゾーンのニオイに悩んではいませんか?

デリケートゾーンからのニオイにはいくつかの原因があります。
ワキガの人の場合、陰部からワキガのニオイが発生する「すそワキガ」かもしれません。

わきの下とデリケートゾーンは一見何の関係もないように思われます。
しかし、実は汗腺が多い体質では、すそワキガを併発する場合が多いのです。

そこで、今回は、「すそワキガ」とは何かを、簡単なセルフチェック、治療方法を紹介します。
人にも聞きづらい部位の悩みの解消に、これを読んでぜひ役立ててください!

すそワキガとは?

アポクリン腺という汗腺から出る汗が元で、雑菌やニオイが発生するのが「ワキガ」です。

「すそワキガ」は、陰部にあるアポクリン腺からワキガと同じような症状やニオイが起こることをいいます。
ホルモン分泌の変動で起こりやすいことや性器の構造から、男性に比べ女性に多いのが特徴です。

そして、すそワキガは、なかなか人に相談できない症状です。
だから「わきと同じ治療を選べばよいのか」、「婦人科に行けばよいのか」という悩みを抱えがちになります。

陰部から嫌なニオイがする…すそワキガ?

デリケートゾーンから気になるニオイが多いという人は、すそワキガを疑ってみましょう。

女性の場合、生理中にワキガのニオイが強くなることがあります。
その場合には、おりもののニオイと混じることもあるため、わきとは違ったニオイがします。

また、ニオイもツンとする刺激臭だったり、すっぱい酸性臭だったりと個人差があります。
「もしかして!?」と思う人は、下の項目で確かめてみてください。

簡単セルフチェック

すそワキガはワキガと違って試験切開ができません。
また、医療機関に行ってもすそワキガという断定はしてもらえないのです。
だから、まずは以下の項目でセルフチェックをしてみましょう。

・下着に黄色い汗シミがつく
・陰部の毛が濃い
・乳首からもニオイがする
・パートナーなどに陰部が臭うといわれたことがある
・両親や親戚にワキガの人がいる

これらの項目に多く当てはまる場合は、すそワキガの可能性が高くなります。

ワキガとすそワキガは関係ある?

「アポクリン腺」が体質的に多い人は、ワキガになりやすいことがわかっています。
この「アポクリン腺」はわきだけではなく、陰部、乳輪などにも存在しています。
そのため、すそワキガを併発している可能性が高いのです。

それ、本当にすそワキガ?別の病気の可能性も

すそワキガではなくても、尿やおりものによるニオイが陰部からすることがあります。
また、生理中は蒸れやすく、雑菌や経血のニオイがすることもあります。

これらは女性なら誰にでもあることです。

しかし、「いつもより強い異臭がする」、「おりものの色が普段と違う」という場合は、感染症や婦人科系の病気の疑いもあります。
このケースでは子宮の病気や膣炎、淋病などが見つかることもあります。
こういった場合はためらわずに病院で診察を受けることをおすすめします。

すそワキガは治せる?気になる治療方法

すそワキガのニオイはセルフケアでも軽減することができます。
一方で、治療で治す方法もあります。

ただし、アポクリン腺は再生力が高いため、手術で取り残しがあるとワキガが再発する可能性もあります。
そのため、効果は医師の施術力に左右されることを頭に入れておかなければなりません。

そのうえで費用や症状、ライフスタイルで比較検討できるように、手術とそれ以外の治療法を紹介していきます。

手術以外の治療

「傷を残したくない」、「毛が生えなくなるのは困る」、「痛みが苦手」という人もいると思います。
そんな人には以下に紹介する手術以外の治療法をおすすめします。
治療時間が短く、回復も早いのが特徴です。

ビューホット

細い針から出る高周波で汗腺を破壊する方法です。
切らずに行える最新の治療法です。

局所麻酔を行って20~30分で治療が可能です。
患部は少し赤くなる程度で済み、1回の施術で終わります。

ただ、受けられるクリニックがまだ少なく、術後の症例も多くないのが難点です。
しかし、効果が高く再発が少ないため大変注目されている治療法です。

ボトックス注射

「ボトックス」という薬品を注射して神経伝達物質をブロックし、患部の汗を抑える方法です。

これはすぐに効果が現れるますが、半年くらいしか効き目がありません。
そのため、定期的に注射をする必要があります。

一方で、手軽にできる治療法で負担が少ないというメリットがあります。
この治療法は症状が軽い人ならおすすめです。

手術での治療

「臭いの軽減」よりは「完治」を目指したい場合は、手術が選択肢の1つになります。
手術ではワキガの原因となるアポクリン汗腺を除去します。
そのため、汗もニオイもなくなることになります。

具体的には以下の2つの術式があります。

皮下組織削除法

皮膚を切り開いて、アポクリン腺を医師が目で確認して除去していく方法です。

これはワキガの手術で多く用いられる治療法です。
治療法の中で最も効果が高いといわれています。

しかし、「皮膚を切開するため傷跡が残る」、「数日間は固定しなくてはならない」というデメリットを伴います。

超音波吸引法

超音波メスを陰部の上から挿入して、超音波の熱でアポクリン腺を破壊し吸引する方法です。
皮膚を切開しないので傷が少なく、費用も安く済みます。

ただし、アポクリン腺を取りきれないケースもあります。
これはこの治療法のリスクかもしれません。

すそワキガを悪化させないためには?

自分でも見えにくいデリケートゾーンは、トラブルが発見しにくい部分です。
自己ケアもなかなかしづらく、すそワキガの場合には症状を悪化させてしまいかねません。

そこで、紹介する2つのポイントを日常生活で心がけて、すそワキガを悪化させないようにしましょう。

清潔に保つ

わきの下と同じくデリケートゾーンも、通気性が悪いため雑菌が増えやすい部分です。

そこで、入浴時にしっかりと汗や汚れを洗って取り除きましょう。
ただし、デリケートな部分なので、「たっぷりの泡でやさしく洗う」というのが基本です。

トイレのたびにウォシュレットを使うのも効果的です。

下着は通気性がよく、除菌力のある洗剤で洗濯したものをつけて陰部を清潔に保ちます。
蒸れやすい場所なので、汗やおりもので汚れた場合はこまめに取り替えましょう。

食事改善

食生活もワキガのニオイの原因になることがあります。

油っこい食品や動物性たんぱく質を多くとると体臭が強くなるといわれています。
そこで肉や卵、乳製品といった動物性たんぱく質が多く含まれる食品は控えるようにします。
代わりに、野菜や魚中心の和食を食べるように心がけましょう。

また、スナック菓子やカップラーメンもワキガのニオイの原因になるので控えめにします。

ワキガもすそワキガも改善できる!まずはセルフチェックを!

ニオイで気になる症状がある場合は、まずは紹介したセルフチェックをしてみましょう。
そして、「すそワキガ」なのか、それとも「婦人家系の病気なのか」を確かめてください。

その結果、「すそワキガ」と思われたら、まずはデリケートゾーンを清潔に保ち、食生活を見直しましょう。
そのうえで医療機関での治療を検討してみてください。