体臭で悩む女性へ…臭わせないワキガ対策完全版
TOP > ワキガ対策 > ワキガ対策には【運動】!運動不足解消で体臭を改善しよう!

ワキガ対策には【運動】!運動不足解消で体臭を改善しよう!

「汗をかくと周囲に臭うから、できるだけ運動は避けたい」
「スポーツは大好きだけど、臭いが心配だからやってない」

ワキガで悩んでいる人の中には、このような思いを抱いている人がいます。

しかし、実はこれ大きな間違いです。
むしろ、運動はワキガを改善する助けとなります。

ワキガ臭は汗が臭っているわけではありません。
わきの下に存在する常在菌が、汗に含まれるタンパク質や脂質などを分解する時の臭いなのです。
この時の“汗の質”で、臭いやすいか、臭いにくいかの違いが出ます。

運動不足は汗を臭いやすくするため、ワキガをますます深刻にする恐れがあります。
必要なのは汗をかかないことではありません。
“汗の質を改善する”ことです。

ワキガについての正しい知識を知り、適切な運動で体質を変えることがワキガの改善につながります。
運動によるワキガ改善効果を知れば、あなたも今日から運動がしたくなるはずです!

運動すればワキガは改善する?

ワキガは遺伝によるものですが、生活習慣で症状が悪くもなれば、よくもなります。

運動不足はワキガを悪化させる大きな原因の1つです。

運動不足で普段から汗をかかない生活をしていると、新陳代謝が低下します。
すると、老廃物や不純物が排出されにくくなり、体内に溜め込むことになります。
このような状態で発汗すると、老廃物や不純物が多量に含まれた汗となり、ワキガ臭を強くする原因となります。

また、運動不足になると汗腺の機能が衰えます。
その結果、ベタついて蒸発しにくい汗をかくようになり、ワキガ臭が発生しやすくなります。

運動で代謝を上げ、汗をかいて汗腺の機能を刺激すると、老廃物を貯めない体質になります。
そうなると、サラッとした汗をかくようになります。
運動には汗の質を改善する働きがあり、ワキガの改善に大きな効果をもたらすのです。

運動したらワキガ臭が出ることはある?

普段から運動の習慣がない人が、たまに運動をして汗をかくとワキガが臭う可能性があります。
しかし、これは運動で汗を出すのが悪いのではありません。
それまでに運動をしていなかったことに原因があるのです。

運動不足の人の汗はアルカリ性が強く、わきの下を弱アルカリ性の環境にします。
弱アルカリ性はわきの下の常在菌には快適な環境になります。
常在菌の活動が活発になれば、必然的にワキガ臭が発しやすくなってしまいます。

運動不足の人はたまの運動を、いつも運動するに変えましょう。
そうすれば汗の質がアルカリ性から酸性に変わって、ワキガの原因菌がわきに住みにくくなります。

運動しないとワキガは悪化する?

わきの下には「エクリン線」と「アポクリン線」という2つの汗腺があります。
ワキガ臭に関係するのは、アポクリン線です。
エクリン線は運動時にサラッとした汗をかく汗腺です。

運動不足は、わきの下にいる常在菌の活動を活発にします。
アポクリン線の汗からワキガ臭を発するだけでなく、エクリン線の汗にも影響を与えます。

エクリン線の汗には、体内の老廃物などを排出する役割もあります。
しかし、汗をかかないと老廃物を溜め込むことになり、汗の臭いがキツくなります。
こうなると、ちょっと汗をかいただけでも臭いが気になることになるのです。

運動しないことは、ワキガに加え体臭もキツくなるという二重の悩みにつながってしまうのです。

ワキガには有酸素運動がおすすめ!

運動はワキガの症状改善に一定の効果を発揮します。
ただし、体を動かしさえすればどんな運動でもよいわけではありません。
汗の質を改善するには、軽度の運動を持続的に行う“有酸素運動”が適しています。

短時間に強い負荷をかける無酸素運動では、「乳酸」という疲労物質が体に溜まってしまいます。
すると、汗をかいた時にかえって菌の繁殖を許してしまいます。

一方、有酸素運動を行えば、アルカリ成分である“重炭酸イオン”の少ない酸性の汗になります。
酸性の汗は、俗にいう「サラッとしたよい汗」です。

酸性の汗なら、汗をかいた時もわきの下は弱酸性の環境になり、菌の繁殖を抑えることができます。
菌の数が少なければ、汗が分解されることも減り、ワキガの臭いも軽減されます。

ただし、有酸素運動も定期的に行い継続しなければ意味がありません。
そのためにはジョギングやウォーキング、スポーツジムなどでできるロードバイクのような運動などがよいでしょう。

自分が無理なく続けられる有酸素運動を選ぶことも、ワキガ改善には大切な要素かもしれません。

運動後のケアで!たくさんかいた汗もこわくない!

有酸素運動でたくさん汗をかいたら、素早く汗のケアをしましょう。
いくら「よい汗」とはいえ、そのままにしておくのは不衛生です。

ワキガは、汗が気化した時に臭いが広がっていきます。
汗をかきっぱなしにしないのは、ワキガ改善の基本です。

運動した後は、タオルやデオドラントシートなどですぐに汗を拭き取りましょう。
スポーツ施設など屋内であれば、簡単にでもシャワーで汗を流すのがベターです。
汗をきれいに拭き取ったら、デオドラント剤などで殺菌するとさらに効果的です。

また、汗の染みたウェアは菌が繁殖するので、すぐに着替えましょう。
運動後の汗ケアをきちんとすることで、ワキガの臭いを心配することなく運動が楽しめます。
参考:運動後のワキガのニオイを消すたった2つのこと

老廃物を溜めこまない!ワキガ対策は運動で決まり!

もし、今までワキガが臭うのを恐れて運動を避けていたなら、それは逆にワキガを悪化させていた可能性があります。

汗を出すのは体にとって正常なことです。
体を動かして、いい汗をかくことがワキガの改善につながるのです。

運動を習慣にしましょう。
好きなスポーツでいい汗かきましょう。
運動するのが当たり前になった時、ワキガの臭いも変わってくるかもしれませんよ。

どうしても運動が苦手という人はこちらもおすすめです。
運動以外の方法で汗をきれいにする方法をチェックしてみてください。

参考:ワキガはお風呂で改善できる!まさかのアレを使った入浴方法