体臭で悩む女性へ…臭わせないワキガ対策完全版
TOP > ワキガとは > 夏よりも冬にワキガのニオイが強く感じる6つの理由

夏よりも冬にワキガのニオイが強く感じる6つの理由

汗をかきやすく、臭くなるのは夏場というイメージがあります。
それではワキガの場合はどうでしょう?
ワキガだって、夏場の方が臭うの当たり前!と思いますか?

実は、夏よりも冬の方がワキガが悪化したと感じることがあるのではありませんか?
今回は、汗をかきやすい夏場より、冬の方がワキガが悪化してしまったと感じる6つの理由をご紹介します。

この理由を元に、ワキガのニオイ対策をしっかりしていきましょう!

冬に臭うワキガ…一体なぜ?

一般的に夏に体臭が気になるのは、ワキガではない人でもよくあることです。
また冬は汗をかきにくく、体臭をそれほど気にする必要がないと思われがちです。

しかし、冬に臭いと感じるワキガ。
一体どうして冬にワキガ臭がキツくなるのか、理由を見てみましょう。

夏との違い

夏は暑いので自然と汗が出ますが、冬はそれほど汗をかかないイメージがあります。
また冬になると、汗腺であるエクリン腺の働きが落ちます。
そうすると皮膚の自浄作用が低くなり、老廃物が溜まりやすくなります。

これを冬ワキガといいます。

1.基礎代謝

意外に思われがちですが、夏は基礎代謝が低くなりますが冬は逆に高くなるのです。
基礎代謝が高くなると、少し動くだけでも、じんわり汗をかくことになります。
つまり、冬の方が汗はかきやすいのです。

また最近は、室内にいると夏でも汗をかきにくく、冬は暖房がきいているので、かきやすいといえます。
その結果、ニオイがキツくなるのです。

2.食べ物

上記のとおり、基礎代謝が高くなるので、熱量を出しにくい食事を心がけるのがベター。

しかし日本人にとって冬といったら、なんといっても鍋!という人も多いはず。
鍋にはニラ、にんにく、肉、香辛料、刺激の強いものを入れたくなります。

また、油ものもおいしい季節です。
こういったものは食べ過ぎると汗のニオイもキツくなるので、ワキガにももちろん影響します。

また、ついつい、いろいろな食べものを食べたくなり、太ってしまうとワキガも強くなります。
太ると汗をかきやすくなり、体臭も強くなってしまいます。
そうするとワキガ臭と混ざり合って、強烈なニオイなってしまうので要注意です!

ワキガに良い食べ物、悪い食べ物についてはこちらをご覧ください。(ワキガ 食べものの記事へリンク)
悪いと思っていてもついつい手が出てしまいますが、ワキガに影響が出やすい食べ物はなるべく控えましょう。

3.衣服

夏より冬の方がワキガが気になる一番の原因といってもいいのが衣服。
夏は暑いので、自然と薄手のものを着用します。
そのため、ワキガ臭が分泌されるたび、少しずつ衣服の外に放出されやすいのです。

しかし冬は寒いので、ついつい何枚も重ね着したり、機密性の高い服を着てしまいがちです。
これでは汗が服の外に出にくくなり、ムレてしまいます。
ムレると、ワキガの菌やにおいを衣服に閉じ込めてしまうことになります。

結果として衣服の脇の部分に菌が停滞し、ニオイが強くなります。
そのため、服の素材に気を使う必要があります。
通気性、速乾性、吸収性のよいものを選ぶようにしましょう。

どんな服がよいのか気になる方は合わせてチェックしてください!(ワキガ 服装の記事へリンク)
また暖房のきいた部屋に入る前にはコート類はぬいで入るなど、ちょっとした心がけで汗をかきにくくできます。

4.暖房による乾燥、脱水

夏は暑いので汗をかいたり、喉が渇くので水分をこまめに摂取するのが当たり前です。
それでは冬はどうでしょうか?
暖房をつけた暖かい部屋にいると、いつの間にか乾燥しています。

また、暖房器具を使いすぎていませんか?
必要以上に使いすぎると、体温が上がりすぎ、汗をかいてしまい、ムレの原因になります。
こまめに暖房器具を消すように心がけましょう。

さらに暖房器具を使いすぎると、気づかないうちに脱水症状を起こしている場合もあります。
その結果、水分不足から体が肌の乾燥を補おうと皮脂を分泌するため、ニオイが強くなるのです。

また脱水気味になると汗の量が減り、皮脂が詰まりやすくなり、老廃物が排出されにくくなります。
そうするとアポクリン腺から出るワキガ臭を含んだ汗の量が増え、脇の下に溜まります。

5.入浴回数が少ない

冬は汗をかかないからといって、さっとシャワーだけで済ませていませんか?
またシャワーすら面倒で、お風呂に入る回数を減らしているなんてことは?
そんな方は要注意です!

ワキガの原因菌が繁殖してしまうので、毎日清潔に保ちましょう。
湯船につかるのは体を温めるだけでなく、血行を促進して毛穴を広げる効果もあります。
毛穴が広がれば汚れを落としやすくできるので、湯船につかるようにしましょう。

さらにエクリン腺も開きやすくなり、きれいな汗をかきやすくなります。
必ず毎日、入浴をするようにしましょう。

またサウナもプラスすると、老廃物を出しやすくするのでおすすめです。
おすすめの入浴方法はこちらをご覧ください。(ワキガ お風呂の記事へリンク)

6.わき毛の処理をしていない

夏は肌を露出する機会が多く、常にわき毛の処理をするのが当たり前です。

冬はどうでしょうか?
わき毛の処理を怠っている方は意外と多いはず。

しかしワキガのニオイはわき毛を処理するだけで、グッと押さえることができます。
その理由はアポクリン腺から出る汗がわき毛に付着し、停滞しやすくなります。
すると皮膚表面に常在するジブテロイド、コリネバクテリウムが汗に反応し、ワキガ臭が発生するのです。

この菌が汗に反応する前に汗をふき取ることで、ニオイを軽減できます。
わき毛があることで、汗をふき取りにくくしてしまいます。

また、わき毛がないと毛穴が詰まりにくくなり、菌も繁殖しにくくなります。
わき毛の処理で注意したい点は、カミソリで剃らないという事。
剃るという行為は、肌を傷つけやすく、そこから菌が繁殖しやすくなります。

剃る場合は、傷をつけにくい電気シェーバーを使いましょう。
面倒でも、毎日わき毛の処理をしましょう。

しかし毎日の処理が面倒!という方には、脱毛がおすすめです。
エステでも最近は低価格で脱毛が完了できるので、自己処理よりも時間や金銭的にも負担が少ないです。
(ワキガ 対策 剃る、ワキガ 脱毛の記事へのリンク)

冬の方がワキガ環境は悪い!

6つの理由を読んでみて、いかがでしたか?
夏場はニオイがしやすいので、注意をしなくては!と思っている方が多いはずです。

しかし冬の方が基礎代謝は上がるのに、汗腺の働きは低下してしまうのがわかりました。
そのせいできれいな汗が出なく、かわりに臭いワキガ臭を含んだ汗が出てしまうということです。

つまり冬場の方がワキガの人にとっては、注意をしなくてはいけない季節なのです!
6つの理由を細かく見ると、ワキガの人にとっては冬も注意しなくてはいけないとわかります。
これからは食べもの、衣服、乾燥に気をつけ、体を清潔に保ちましょう。

きちんと守っていけば、ワキガ臭もおさえることができます!
ぜひ、今日から実行していってください。