TOP
TOP > ワキガとは > 冬でも臭うワキガ!夏とは違う原因とは?服装・食べ物などの対策を紹介!

冬でも臭うワキガ!夏とは違う原因とは?服装・食べ物などの対策を紹介!

ワキガ臭すら消える!臭いケア商品ランキング

商品 キャンペーン
通常¥9,800→定期コース¥4,960
詳細はコチラ
通常¥5,980→定期便¥4,980
詳細はコチラ
webで予約するとwebマガジンプレゼント。また通常¥8,560→定期コース¥5,700
詳細はコチラ

汗をかきやすく、ワキガ臭が気になるのは夏場というイメージがありますが、

「セーターについたニオイが取れない!」
「服を脱いだとたんモワッとニオイが……」

というように、実は夏だけでなく冬にもワキガの悩みはついてまわるものです。

汗をかいていないのになぜ!?と感じている人のために、今回は冬のワキガが起こる原因、またその対策についてお伝えします。

この記事を参考に、ワキガに悩まされることなく冬を過ごしましょう!

ワキガが冬でも臭うのはなぜ?夏との違いは?

一般的に夏に体臭が気になるのは、ワキガではない人でもよくあることです。
また冬は汗をかきにくく、体臭をそれほど気にする必要がないと思われがちです。

しかし、冬に臭いと感じるワキガ。
これを「冬ワキガ」といいます。

そもそもワキガは、アポクリン腺という汗腺から出る汗が、皮膚の常在菌「コリネバクテリウム」によって分解されると発生します。

では冬にワキガ臭がキツくなる原因とは何なのか、見てみましょう。

汗の量が少なくなりニオイ菌が留まる

冬は夏に比べて、体温調節の役割をするさらっとしたエクリン腺の汗をかく機会が少なく、相対的に精神性発汗であるアポクリン汗腺からのベタベタした汗の量が増えてしまいます。

するとアポクリン汗腺に含まれる成分や、皮脂・雑菌が徐々にワキに溜まっていき、エクリン腺からの汗でそれらを流しきれずに、ワキガの臭いが和らげられにくくなるのです。

エクリン腺からの汗を適度に出すことも大切です。

厚着をして脇汗がこもりやすくなる

夏より冬の方がワキガが気になる大きな原因のひとつが服装
夏は暑いので、自然と薄手のものを着用します。
そのため、ワキガ臭が分泌されるたび、少しずつ衣服の外に放出されやすいのです。

しかし冬は寒いので、ついつい何枚も衣類を重ね着したり、機密性の高いニットやコートなどの服を着ることになります。
これでは汗が服の外に出にくくなり、ムレてしまいます。
ムレると、ワキガの菌やにおいを衣服に閉じ込めてしまうことになります。

結果として衣服の脇の部分に菌が停滞し、ニオイが強くなります。

とくにポリエステル素材は汗を逃がしにくく、ムレの原因となるので気をつけましょう。

寒暖差によって脇汗の量が増える

夏は汗をかきやすく、夏に代謝が上がるように思われますが、実は基礎代謝は冬の方が上がります。
そのため、夏よりも冬の温暖差のほうが体温調節の機能が強く働きます。
温度の低い屋外から温度の高い室内に入ると、その寒暖差でどっと汗をかいてしまいます。

それだけでなく、寒い場所から暖かい場所に移動すると汗を意識しやすく、汗を気にしすぎるあまり精神性発汗を書きやすくなってしまうことも汗が増える要因のひとつです。

寒いからといって暖房をつけすぎず、寒暖差が大きく出ないようにしましょう。

空気の乾燥で脱水状態になっている

冬は夏と比べて水分を欲する機会がすくなくなるため、水分の摂取量が減ります。
また、冬は外の空気が乾燥しており、さらに暖房をつけるとより乾燥しやすくなってしまいます。

すると、体が気づかないうちに脱水症状を起こしている場合もあります。
その結果、水分不足から体が肌の乾燥を補おうと皮脂を分泌するため、ニオイが強くなるのです。

わき毛の処理をしていない

夏は肌を露出する機会が多く、常にわき毛の処理をするのが当たり前です。
しかし冬になるとわき毛の処理を怠っている方は意外と多いはず。

ワキガのニオイはわき毛を処理するだけで、グッと押さえることができます。
わき毛があると、ニオイのもととなるアポクリン腺から出る汗がわき毛に付着し、停滞しやすくなります。

すると皮膚表面に常在するジブテロイド、コリネバクテリウムが汗に反応し、ワキガ臭が発生するのです。

また、わき毛があることで、汗をふき取りにくくしてしまいます。

冬ワキガのニオイを防ぐ方法は?

では、冬ワキガのニオイ対策法を紹介していきます。
食生活や生活習慣を見直したり、お風呂にきちんと入るなど、すぐにでも改善できることばかりです。
ニオイの気になっている方は是非、今日から改善してみましょう!

体臭がキツくなる食べ物を控える

冬は基礎代謝が高くなるので、熱量を出しにくい食事を心がけると良いでしょう。

冬は鍋を食べる機会も増えますが、鍋の食材によく使われるニラ、にんにく、香辛料、刺激の強いもの等は体臭が強くなる可能性があるので注意が必要です。
また、肉や油ものも食べ過ぎると汗の皮脂量が増えるので、ワキガにも影響します。

ワキガに影響が出やすい食べ物はなるべく控えましょう。

体重の増加にも要注意!

冬は忘年会や新年会など飲み会の機会も多く、また寒くてつい家でゴロゴロして過ごしてしまう…ということも多いのではないでしょうか。

もし不摂生によって体重が増えてしまうと、汗をかきやすくなり体臭も強くなってしまいます。
そうするとワキガ臭と混ざり合って、強烈なニオイなってしまうので要注意です。

ワキガに良い食べ物、悪い食べ物についてはこちらをご覧ください。

>>食生活次第で臭くなる!?ワキガ対策に効く食べ物&NGな食べ物とは?

こまめに水分補給をする

冬に忘れがちなのが、水分補給です。
夏は暑いので冷たい水をよく飲むのですが、冬は水に冷たいというイメージがあるからかついつい水分を摂り忘れてしまいがちです。

しかし、冬は空気も乾燥しているだけでなく、暖房器具を使うことでより乾燥しやすい環境にあります。
積極的に水分を取り、老廃物を排出するとともに脱水状態を防ぎましょう。

汗を逃がしやすい素材の服装にする

服の素材に気を使う必要があります。
特にインナーは通気性、速乾性、吸収性のよいものを選ぶようにしましょう。

重ね着をすることによって気密性が上がってしまうため、できればあまり重ね着をしない方が良いでしょう。
マフラー・手袋、腹巻などの小物を使って、わき以外の箇所を暖かくすると寒さをしのぎやすくなります。

どんな服がよいのか気になる方は合わせてチェックしてください!

>>3つのことを意識するだけ!ワキガのニオイを抑える服装とは?

入浴時にはきちんと湯船につかる

冬は汗をかかないからといって、さっとシャワーだけで済ませていませんか?

湯船につかるのは体を温めるだけでなく、血行を促進して毛穴を広げる効果もあります。
毛穴が広がれば汚れを落としやすくできるので、湯船につかるようにしましょう。

身体を十分に清潔にできていないとワキガの原因菌が繁殖してしまうので、毎日清潔に保ちましょう。

汗をかく習慣をつけることも大事!

入浴することで、エクリン腺という汗腺が開きやすくなり、きれいな汗をかきやすくなります。

汗をかかない日々が続くと、エクリン汗腺の働きが鈍くなりニオイの元になるアポクリン腺からの汗のニオイを感じやすくなってしまいます。

入浴だけでなくサウナもプラスすると、老廃物を出しやすくするのでおすすめです。
おすすめの入浴方法はこちらをご覧ください。

>>ミョウバン、お酢、重曹など…お風呂でワキガを改善する方法とは?

わき毛の処理をする

皮膚の常在菌であるジブテロイド、コリネバクテリウムが汗に反応する前に汗をふき取ることで、ニオイを軽減できます。
また、わき毛がないと毛穴が詰まりにくくなり、菌も繁殖しにくくなります。

わき毛の処理で注意したい点は、カミソリで剃らないという事。
剃るという行為は、肌を傷つけやすく、そこから菌が繁殖しやすくなります。
剃る場合は、傷をつけにくい電気シェーバーを使いましょう。

しかし毎日の処理が面倒!という方には、脱毛がおすすめです。
エステでも最近は低価格で脱毛が完了できるので、自己処理よりも時間や金銭的にも負担が少なく済みます。

>>ワキガと脱毛の関係について詳しくはコチラ!

どうしてもにおう時は、ワキガ専用クリームを!

冬は制汗剤やデオドラントスプレーなどで汗対策をしようとしても、厚く重ね着した状態で何度もケアするのは面倒ですよね。

そこで、ワキガ専用クリームがオススメです。
クリームタイプはスプレータイプよりもしっかりと塗り込むことで汗腺を塞ぎ、殺菌・消臭ができ、さらに何度も塗り直さなくても長時間効果が持続します。

特に「クリアネオ」というクリームは、子供にも使える無添加・無着色の国産クリームです。
「手術しなくてもわきが臭を抑えることができる!」を謳い文句に、殺菌・制汗の両方からニオイにアプローチし、カットしてくれるのです。

>>クリアネオ以外の商品は?ワキガ専用クリームの詳細はコチラ!

冬には冬のワキガ対策をしましょう!

夏場はワキガのニオイがしやすいので、注意をしなくては!と思っている方が多いですが、
冬場も同様に注意をし1/2なくてはいけない季節です。

ワキガ臭を強くしないためには、食べもの、衣服、乾燥などに気をつけ、体を清潔に保ちましょう。

きちんと守っていけば、ワキガ臭も軽減できます!
ぜひ、今日から実行していってください。

ワキガに悩む人に…おすすめ関連記事
ワキガや脇臭を何とかしたい!しかし、市販や通販でも商品が数多くあります。どれが本当に効く商品なのか商品を徹底比較し、おすすめランキングを作成!