体臭で悩む女性へ…臭わせないワキガ対策完全版
TOP > ワキガ対策 > ミョウバンにお酢!? ワキガはお風呂で改善できる!

ミョウバンにお酢!? ワキガはお風呂で改善できる!

「入浴後に汗をかいてしまうから」と、お風呂はシャワーだけで済ませていませんか?
実はお風呂で湯船につかることでワキガ臭を改善させていくことができるのです。
湯船につかって汗をかき、汚れを出すというところがポイントとなります。

今回はワキガ臭を改善させるのに効果的な入浴法や、湯船に入れて使うとワキガ臭に有効なアイテムをご紹介していきます。
ぜひ毎日のバスタイムに取り入れて試してみてください。

【ワキガにおすすめ】入浴方法

短い時間で髪も体も洗えますので「お風呂はシャワーだけ」という方もいらっしゃると思います。
髪の毛や肌表面についた汚れは洗い落とすことができても、シャワーだけでは汗腺に詰まった汚れまで落とすことは難しいです。
時間の取れるときは湯船にゆっくりとつかって汗をかき、毛穴を開いて体の汚れを落としていきましょう。

半身浴はワキガに効果的

半身浴をすると大量の汗をかきます。
「入浴後にニオイが気になるから嫌だ!」と思われる方もいらっしゃるでしょう。
しかしながら湯船につかってしっかりと汗をかくことが、実はワキガ臭の改善につながるのです。

ニオイが気になって普段なるべく汗をかかないようにしていると、汗腺の働きが低下したり、ニオイのもととなる成分が凝縮されたベタベタとした汗をかくようになってしまいます。
入浴時にたくさん汗をかくことで汗腺の働きがよくなり、体内の毒素が排出され酸性の汗をかきやすくなってきます。
ワキガ臭を増幅させる常在菌も、肌がアルカリ性のときより酸性の状態の方が繁殖しにくいため、結果としてニオイの軽減につながるのです。

【ワキガにおすすめ】お風呂に○○を入れる!

ワキガ臭は「アポクリン汗腺から出る汗」を「肌の常在菌」が分解することで起こります。
ワキガを治すためにはアポクリン汗腺を取り除く手術が必要ですが、中軽度のワキガ臭ならお風呂にちょっとした工夫をすることで軽減することができます。
以下に、湯船に混ぜて使用することでワキガ臭が抑えられる優秀アイテムをご紹介していきます。

酢は大変殺菌作用に優れている食品です。
飲食物として体内に摂取すれば、クエン酸の働きで不純物の混ざりにくい汗ができ、体のニオイが抑えられます。
湯船に混ぜて使うことでも、酢の「酢酸」という成分が肌に優れた殺菌力を発揮してニオイを鎮めてくれます。

酢風呂の作り方

湯船にコップ一杯の酢を入れ、よくかきまぜれば酢風呂の完成です。
中軽度のワキガ臭であれば、1週間ほど続けると効果を感じられる場合が多いようです。

ミョウバン

ミョウバンは古くから食品添加物、染色剤などとして用いられてきた自然界にもある物質です。
このミョウバンには殺菌作用、制汗作用があり、ワキガのニオイだけでなく足の気になるニオイなどアルカリ性の臭いを抑える効果もあります。
古代ローマでも制汗剤・デオドラント剤として使われていた歴史があるほど、ミョウバンはワキガ臭や体臭に効果的なのです。

ミョウバン風呂の作り方

ミョウバン原液を作る(水1.5Lにミョウバン50gを加えてよく混ぜる)
1.で作ったミョウバンの原液を、湯船に30cc程入れてよくかき混ぜる
これでミョウバン風呂の完成です。

ミョウバン風呂の注意点

ミョウバンはワキガ臭や体のニオイに関しては効果的ですが、肌にかゆみやかぶれなどのトラブルを起こしてしまうこともあります。
またその性質上、お風呂の金属を傷めてしまうこともありますのでミョウバンの濃度が濃くならないように気を付けて下さい。
皮膚や肌に合わないと感じたら無理な使用は控えて下さい。

重曹

重曹は食品・研磨剤・洗剤などとして生活の中で幅広く使われる物質です。
重曹はアルカリ性で酸性のニオイを中和する効果もあります。
殺菌作用も持ち合わせているため、肌上の雑菌の繁殖を抑えていく効果も期待できます。

重曹風呂の作り方

湯船に50g程度の重曹を入れてよくかきまぜます。
洗浄用として販売されている重曹ではなく、食品用として販売されている重曹を入れたほうが肌にやさしく好ましいでしょう。

重曹風呂の注意点

重曹風呂を作る際には以下の点に気を付けてください。

1.濃度を濃くしすぎないこと
2.入浴後はよく洗い流すこと
3.乾燥しやすいためボディクリームなどで保湿ケアをすること
4.アトピーや皮膚炎など肌トラブルがある場合は控えること

昔から塩はみそや漬物といった保存食品に使われたり、歯磨き粉や洗剤の代わりとして用いられてきました。
これは塩が殺菌作用や防腐効果を持っているためです。

塩風呂には殺菌、発汗、デトックスといった様々な効果があります。
殺菌作用は体臭・ワキガ臭に効果的です。

塩風呂の作り方

湯船に30g~50g程度の塩を入れて、かきまぜ溶かします。
浴槽の大きさやご自身の肌の調子を見ながら濃度を調節してください。

アロマ

殺菌作用や抗菌作用のあるアロマオイルを使用することも効果的な方法です。

アロマオイル(精油)を使う時に気を付けたいのは必ず水や、ベースとなるオイルなどに「混ぜて使う」ということです。
肌に直接つけたいときは「精油+ホホバオイルかグレープシードオイル」と組み合わせてマッサージオイルを作り、濃度や滴数は守るように気を付けましょう。
お風呂に入れてアロマバスにしたいときは、湯船に対して1~3滴程度入れるだけで十分な効果が味わえます。

おすすめのアロマ

ニオイ対策としておすすめのアロマオイルはラベンダーとティーツリーです。
ラベンダーは抗菌作用、ティーツリーは抗菌作用と殺菌作用に優れた性質を持っています。

ワキガはお風呂で改善できる!

お風呂にちょっとだけ工夫をして入ることで、ワキガ臭のもととなる「アポクリン汗腺」や「肌の常在菌」に働きかけニオイを軽減していくことができます。

また、「アポクリン汗腺」は体温調節ではなく、精神的なストレスを感じると汗を出しやすくなります。
上記のようなアイテムを入れられない時でも湯船につかってリラックスをすれば、緊張がほぐれてアポクリン汗腺からの発汗も抑えていけることでしょう。