体臭で悩む女性へ…臭わせないワキガ対策完全版
TOP > ワキガ対策 > ワキガの汚れとニオイを洗濯で落とす!アレを有効活用すべし

ワキガの汚れとニオイを洗濯で落とす!アレを有効活用すべし

ワキガになって困る、ニオイ。
なかなか防臭できず悩んでいる人も多いワキガのニオイですが、それと同じように困るのがワキガによる黄ばみや染みです。
服についたシミなどの汚れやニオイは、普通の洗濯ではなかなか落ちないですよね。

今回はそんなワキガによる衣類の汚れやニオイを落とす、漂白剤を有効活用した洗濯方法をご紹介します。
なかなか取れなくて悩んでる人は、ぜひ参考にしてみてください。

ワキガの汚れとニオイを落とす

普通の洗濯方法ではなかなか落ちない、ワキガによる汚れとニオイ。
その理由は、ワキガによって出る汚れは酸性の物質が多いためです。
そのため、酸性の洗剤や漂白剤を使用しても、ワキガによる汚れやニオイを完全に取り除くことはできません。しっかりと落としたい場合は、アルカリ性の漂白剤がとても効果的です。

ぬるま湯につけおき

シミや黄ばみを見つけたとき、自分ではどうすればいいかわからず放置してしまっていませんか?
その行為、ワキガ汚れをさらに進行させてしまう原因に!
長時間放置しておくと酸化がすすみ、さらに落としにくい状態になってしまうのです。

汚れを見つけたときは、まずぬるま湯に浸けてみましょう。
ワキガの汚れやニオイの原因となるアポクリン腺から排出される汗は、40度以下のぬるま湯だと溶けやすくなります。
ぬるま湯に30分〜2時間浸したあとに、洗濯機で洗いましょう。
加齢臭にも効果があります。

いつもの洗濯洗剤をプラスしても◎

ぬるま湯に浸けるとき、いつも使用している洗濯洗剤をプラスするとさらに効果が高まります。
酸性ではなくアルカリ性の洗剤をを選ぶと確実に効果が上がるので、必ずそちらを選びましょう。

落ちにくい時はアルカリ性漂白剤をプラスが◎

なかなか頑固なワキガの汚れとニオイ。
ひどいものだと、ぬるま湯と洗濯洗剤だけでは落ちないこともあります。

そんなときには、アルカリ性の漂白剤を一緒に入れてみましょう。
ワキから出る汗には皮脂が多く含まれているので、皮脂を落とすのに有効的なアルカリ性の漂白剤はとても効果的なのです。

アルカリ性の漂白剤は、塩素系のものと酸素系のものの2種類があります。
塩素系の漂白剤は漂白力が強く、白い物のみに使用することができます。
酸素系の漂白剤は粉末と液体のものがあり、粉末は弱アルカリ性、液体は弱酸性です。
効果があるのは弱アルカリ性である粉末のもので、毛や絹以外の色柄物に使用することができます。

頑固汚れには安心でお手軽な重曹が◎

汚れもニオイもすっきりと落としてくれる漂白剤。
でも、肌に身につけるものなのであまり強い成分のものを使いたくない…。
そんな人には、安心で手軽な重曹がピッタリ!頑固汚れにもしっかり効いてくれます。

重曹は弱アルカリ性で、ワキガに効果的なさまざまな作用があります。
酸性の汗のニオイをアルカリ性が中和し、消臭。シミも落としてくれます。
重曹には殺菌効果もあるので、洗濯に使うだけでなく、水に溶かしてワキに直接塗ってニオイを防ぐこともできます。

消臭スプレーを使うのもあり!

ワキガの人は、外で過ごしている間にニオイが発生しないかとても心配になりますよね。
そういった場合には、ワキガ臭を防いでくれる消臭スプレーの使用をオススメします。

特にオススメしたいのは『ヌーラ』です。
こちらはワキガだけでなく、加齢臭や足のニオイ、ペット臭や生ゴミ臭など、さまざまなニオイを防いでくれます。
使用方法は、洗濯後の濡れた服もしくは乾いた服に、十分にスプレーをします。
その後しっかりと乾かしてから着用すれば、時間が経ってもワキガ臭のニオイが外に出るのを防いでくれます。

ドライマークや、お洗濯不可のものはどうすればいい?

デリケートなドライマークのものや洗濯不可の衣類についてしまった場合は、こちらの方法を試しましょう。

ドライマークには、「専用洗剤」を使用

ウールやシルクなどの繊維が使用されている、ドライマークがついた衣類。
水に弱いため、傷んだり形が変わってしまったりという失敗が多く、基本的には家庭の洗濯機で洗うことはできません。
しかし、今は家庭用洗濯機でも使用できるドライマーク専用洗剤が発売されているので、こちらを使うとそういったリスクも少し減ります。

そんなドライマークの衣類についたワキガの汚れやニオイは、先ほど紹介したぬるま湯と酸素系漂白剤を混ぜたものにさらにドライマーク専用洗剤を入れ、浸け置きします。
衣類の状態が気になる場合は、ときどき確認しながら注意しましょう。

ちなみに、スプレー漂白をするのはどう?

簡単なシミ抜き方法として、スプレー漂白があります。
手順としては、洗濯の脱水後の濡れている状態にスプレーし、自然乾燥したあとに再度水洗いをして終了です。

スプレータイプの酸素系漂白剤は、市販のものでも手作りのものでも使用後に必ず水洗いをしないといけないので、時間と手間がかかります。
洗濯不可の衣類には使用できないので、注意しましょう。

一緒に洗濯したらワキガのニオイはうつる?

ほかの衣類とワキガ臭がついてしまった衣類を同時に洗うと、ほかの物にもニオイが移ってしまうことがあります。
もし一緒に洗濯したい場合には、浸け置きやスプレー漂白などでワキガの汚れやニオイをしっかりと取ってからにしましょう。

漂白剤を有効活用してワキガ汚れとニオイを撃退!

普通に洗うだけではなかなか落ちてくれない、ワキガの汚れとニオイ。
漂白剤を正しく賢く使えば、簡単に落とすことができます。

今回紹介した方法でスッキリ除去してみてくださいね!