体臭で悩む女性へ…臭わせないワキガ対策完全版
TOP > パーツ別の体臭対策 > 乳首からイヤなニオイ…それって「チチガ」かも!?原因と対策は?

乳首からイヤなニオイ…それって「チチガ」かも!?原因と対策は?

皆さんの中には、『チチガ』と聞いていてすぐに、その症状なとがわかる方もいらっしゃると思いますが、おそらく多くの方は、初めて耳にする、もしくは聞いた事はあるけれど、どんな内容の事なのかわからない方がほとんどだと思います。
そこで、『チチガ』について少しお話ししたいと思います。

そもそも『チチガ』とは、裾(すそ)ワキガの一種で、乳輪や乳首、胸のみでなく、その周りから発せられる臭いのことです。
どんなニオイなのかと言うと、その臭いには個人差はありますが、玉ねぎの苦味のあるような臭いであるとか、鉛筆の芯の臭いに似ているなど、諸説あるので一概に言えませんが、汗が臭うのとは全く違った臭いであるとご理解いただきたいと思います。
汗臭いのは、女性でもたくさん汗をかきやすい人もいるでしょうし、多汗症と言って手汗などが多く、手を繋げないなどの悩みを持っている人もたくさんいます。
ただの汗かきや多汗症とは違う、ニオイが伴う汗やワキガのようなニオイがするものが『チチガ』です。女性なら、自分が『チチガ』になってしまったら、ショックですし、男性もなる可能性がある症状ですから、決して他人事ではありませんよね。
しっかりチェックして、正しいケアをすれば、『チチガ』は、治療する事が出来るのです。

「チチガ」って何!?原因は?

実は、あまり知られておりませんが、男性も『チチガ』になる事があります。
もともとワキガの人や汗をかきやすい人はそのリスクが高くなります。
汗には2種類あって、全身から出るエクリン汗腺と言う毛穴から出る汗と、アポクリン汗腺と言う特定の部位から出る汗があります。
男性には妊娠も出産もありませんから、治療やワキガクリームなどを使って早めに治すことが可能です。
最近では超音波を使った治療や、切開などをせずに治療できる方法があります。
一度専門の病院で診てもらいましょう。

エクリン汗腺とは?

酸性の汗で、ほとんどが水分です。
しかしわずかに塩分やアンモニアを含んでおり、長時間放置していると、そこから菌が発生して、汗臭い臭いを発するとされています。
汗を出す事により、体温調節を行います。
エクリン汗腺は全身にありますから、ある特定の部位だけに集中しているものではありません。
頭皮から大量の汗をかきやすい人でも、ニオイのある汗ではなく、汗を放置していることで、菌が発生してニオイに変わっているのだとご理解してください。

アポクリン汗腺とは?

一方、アポクリン汗腺とは、ワキや陰部、耳や首まわりなど、特定の部位にある汗腺で、アルカリ性の汗で色は白っぽく粘り気のある汗の事です。
これがいわゆる臭いの元となる汗で、個人差はありますが、酸っぱいのや苦味がある臭いで生玉ねぎの臭い、牛乳が発酵したような臭いであることがあります。
アポクリン汗腺がたくさん集まっている所では、緊張やストレスを体が感じることで、ニオイのある汗を出します。
仕事で緊張が続いたり、強いストレスを体が感じることがあると、アポクリン汗腺から汗が多量に放出され、臭いを発して衣服が臭ったり、衣服に付着したところを黄ばみにしたりもします。
1度衣服に付着すると、臭いはなかなか取れないので、緊張して汗をかいた場合などは着替えるなどをして、衣類を洗うように心がけましょう。

気になる人は実践!チチガのチェック方法

意外に本人が気付いていない事がありますので、親や姉妹や親しい友達など話やすい臭うかどうか?聞いてみるのが1番良いかと思います。
お付き合いしている彼氏などは、それが別れの原因であるにもかかわらず、言えない事もよくあります。
ですから、少しでも気になる場合はセルフチェックをしてみましょう。
もしかしたら?と思ったら、恥ずかしがらずに相談してください。
知らないでニオイを放置していることを考えると、もっと恥ずかしくなりますよね?勇気を持って理解のある人に聞いてみましょう。

女性は産後になりやすい?

ホルモンバランスの関係で出産後に『チチガ』になる女性も多いです。
これは、ブラジャーや、ブラジャーパットに母乳がたまり、菌が繁殖してなる場合がほとんどです。
それから、出産で、カップのサイズが合っていないものをつけ続けることによる圧迫で、リンパの流れを悪くし、『チチガ』になるということもあります。
産後は、キチンと自分のサイズに合ったブラジャーを付ける事を忘れないください。
それから、『チチガ』の臭いが赤ちゃんからする事がありますが、それは赤ちゃんが臭うよではなく、お母さんがチチガであることで、母乳を飲んで赤ちゃんからワキガのようなニオイがするのです。
決して赤ちゃんがワキガなのではありませんので、安心して母乳をあげてください。
治療は母乳が出なくなり、断乳してからでかまいません。
お母さんの母乳には、赤ちゃんに必要な栄養や抵抗力を高める効果がありますので、しっかり母乳を与えてあげましょう。
母子のスキンシップにとっても重要なことなのです。
とはいえ、乳パットをこまめに変えることや、下着を清潔に保つ事はとても大事な事ですので、不潔な事は赤ちゃんにも良くないので、いつもよりもマメに下着を替えたりして常に清潔に保つ努力をしましょう。

「チチガ」の対処方法

チチガになってしまったら、まず下着を清潔に保つことが大切です。
汗をかいたら着替えるなど、こまめに臭いのチェックを心がけて、なるべく気にし過ぎないようにワキガの専用クリームなどを使って、デオドラント効果がある商品なども上手く利用しましょう。
あまり神経質になり過ぎると、緊張感などで余計汗を出す事になるので、気にし過ぎず、ストレスを上手く発散させましょう。
食事などでは、脂質の高いものはなるべく食べない方がいいです。
特にファストフードや、コンビニのお弁当などは、避けた方が良いでしょう。
油っこいものなどは、脂質が多いので、野菜やキノコ、海藻などを一緒に食べると吸収を和らげてくれる効果がありますので、野菜も一緒に摂るように心がけましょう。
他にも、衣類に1度臭いが付くとなかなか臭いが取れずに、ワキや首の後ろなどからは黄ばみの原因になるアンモニアも出てしまうので、黄ばみは重曹などを使って取る事をオススメします。
襟汚れ用洗剤や、除菌効果のある洗剤なども近頃ではよくお店で見かけたりしますが、重曹は口に入っても大丈夫ですので、衣類や環境にも優しいし、コスパもかなり良いです。
赤ちゃんがいる家庭でも一緒に洗濯物をする事が出来るので、強い除菌成分のある洗剤よりも安全で、経済的です。

最新の治療方法

最近では“電気凝固方”と言う、アポクリン汗腺を固めてしまう治療方法などがあります。
他に、“ウルセラドライ法”があり、超音波を使った治療方法もあります。
“ペアドライ法”はアポクリン汗腺に高周波を流して治療する画期的な治療方法です。
昔からある治療方法として切開したり、アポクリン汗腺を直接潰すなどの治療が主流でしたが、それぞれ特徴や、治療期間や治療費用なども異なりますので、お医者さんとよく相談をして治療をしてください。
治療費用は病院により異なる場合がありますので、一つの病院だけでなく、出来ればいくつかの病院で治療方法を話してみるのもいいかと思います。
時間が早くて、他人にバレずに治療したいなど、希望を伝えてみてください。

チチガになっても大丈夫!正しい対処法を!

女性にとって大切なバストからイヤな臭いがしてくる…というのはとてもショックな症状ですよね。
しかし、きちんと対処すれば誰にもニオイを気付かれずにいることもできます!

自分が本当にチチガなのか、まずはチェック法を実践してみましょう。
それから制汗クリームや病院で治療するなど、自分にあった対処法を選んでみてください。