体臭で悩む女性へ…臭わせないワキガ対策完全版
TOP > ワキガとは > 子供の腋臭、どうすればいい?治療は皮膚科や外科でできちゃう!

子供の腋臭、どうすればいい?治療は皮膚科や外科でできちゃう!

子供の腋臭、どうすればいい?治療は皮膚科や外科でできちゃう!

お子様から独特のニオイがすると感じたら、それはワキガ臭かもしれません。
ワキガ臭は遺伝する体質なので、親や血縁者にワキガ体質の人がいると、遺伝する可能性が高くなります。
両親がワキガの場合75%、片親がワキガの場合50%が子供に遺伝します。

また、ワキガの原因であるアポクリン汗腺は10~12歳に急激に成長を遂げます。
アポクリン汗腺が成長すると、独特のニオイが気になり出しますが、男女で気になり始める時期は異なります。
女の子は10歳頃から、男の子は12~13歳頃から発症する傾向にあります。

わかりやすいのは、シャツなどに黄色い汗染みが出来ることです。
ニオイなどは、学校でのいじめも引き起こす原因になりやすいので、ワキガが原因で不登校になってしまう子供もいます。

ワキガ治療は何科に連れて行けば良いの?

それでは、ワキガになってしまったお子様の治療には、何科に連れて行けば良いでしょうか?
診てもらえる科は、皮膚科、形成外科、美容形成外科、美容外科ですが、精神科、心療内科、内科などでも、診てもらえます。

手術なら外科で受診

手術を考えている場合は、外科を受診するのをオススメします。
また、来院する前に電話で確認するのが良いです。
手術してもアポクリン汗腺が残ってしまい、再発なんてことにもなりかねません。

最近は、エステなどでも永久脱毛を利用して、ワキガを治せるなんてことをうたっているところもあります。

しかし、保険も適用されませんので、金額も高く、効果があるかどうかもわかりません。

皮膚科、形成外科で行えば、手術費用を保険適応にしてもらえることが多いので、手術を考えているなら、こちらがオススメです。
美容外科だと、保険適応の手術でも保険が使えない場合があるので、注意が必要です。

手術の費用

それでは、実際に手術するとどのくらいの費用がかかるのでしょうか?
気になるところですよね。
保険が適用されるのか、どうかもまとめてみました。

切除法

ワキガの手術で、皮膚ごと取り除く手術になり、両ワキで30万円くらいになります。
保険適応の手術だと、5万前後になります。

剪除法

ワキの下をめくって汗腺を取り除く手術になり、両ワキで30万円前後になります。
保険適用の手術だと、5万前後になります。

クワドラカット法

新しい手術法で、両ワキ40万円前後になります。
これは保険適用での手術は受けられません。

ミラドライ法

最新手術で、40~50万前後になります。
保険適応での手術は受けられません。

手術で100%治る訳ではない

お子様のワキガに悩んで、手術をしようと思っている親御さん、ちょっと待ってください!
手術をしても、100%治るわけではないんです。
5~10%程度、再発してしまう確率があるので、その不安を抱えながら過ごさなくてはなりません。

子供の手術はどのくらいから?

年齢が低いと手術自体が出来ず、断られることもあります。
それでは実際、どのくらいの年齢から手術が受けられるのでしょうか?

大抵の病院は、15歳頃から対応が可能になるようです。
それはアポクリン汗腺が成長しきってから手術することが目的だからです。

しかし、最近はワキガに悩む親子が多いため、早期治療を求められ、小学生くらいからも手術OKの病院が増えてきました。

子供の手術はオススメ出来ない

ワキガの手術は基本的にあまりオススメ出来ません。
その理由は、子供のワキガの原因であるアポクリン汗腺は成長がまだ未熟なため、手術に高い技術力が必要になります。

通常、大人のアポクリン腺はイクラのように大きいため、よくわかるのですが、子供のアポクリン腺は数の子のように非常に小さいのです。
そのため、アポクリン汗腺を完全に取り切れず、再発するということがあるんです。

また、身体への負担も大人よりも大きいため、手術はオススメ出来ないんです。
手術をするならば、成長してから手術をするのがベターです。

大人でも手術のダメージは受けやすい

ワキガ手術は、わきの皮膚をはがしてから、内側にあるアポクリン汗腺を削るように取り除きます。
しかし、この方法だと、関係のない皮膚までダメージを与えてしまい、皮膚自体が壊死してしまう可能性もあります。

また、手術では手術可能な範囲が決まっているため、アポクリン汗腺を完全に除去出来ないのです。
手術で摘出出来る部分は、ワキの中央部のみとなり、腕や胸の横まで広がっているアポクリン汗腺を取り除ききれないのです。

万が一、広範囲に手術を行うことになれば、ガーゼを皮膚に縫い付け、2週間以上固定する必要が出る大がかりな手術になります。

しかし、効果がなく、再治療しなくてはならない患者さんがあとを絶ちません。

また、美容外科などで行っても、術後の傷跡が残らないということにはなりません。
特にこういったクリニックは入院施設の整っていないところが多いため、外来で行うことになります。
手術を受けれる場合は、きちんと入院施設の整った病院で受けることが重要です。

手術に使う麻酔の危険性

美容外科でのワキガ手術の麻酔で、当時28歳の女性が亡くなったという事故が2000年に起こりました。
麻酔の投薬ミスというよりも、高濃度の局所麻酔(キシロカイン)を多量に注入したことで、女性の命を奪ってしまいました。
ワキガ手術には、どうしても麻酔を使う必要があるので、身体への負担が大きいのです。

その他、ワキガ手術のデメリット

ワキガ手術におけるデメリットは、傷跡が残る、ニオイが残る、ニオイが強くなる、ワキ毛が生えなくなる、ワキ以外の汗が増えるなどが上げられます。
そのため、ワキガ手術の前に出来ることを行ってみましょう!

手術を考える前にできることを

ワキガの治療は手術と考えている人もいるようですが、安全な治療法で改善が見られます。
手術はリスクが大きく、痕も残りやすいため、オススメ出来ません。
また、手術をしたからといって確実に治るものではありません。

そのため、万が一、傷跡が残りワキガ自体も治らないということにもなりかねないのです。
まず、ニオイが気になり出したら、病院に行って相談するのが一番です。
また、それほど強くないという場合は市販薬で試してみましょう。

皮膚科で薬を処方してもらう

小さい子供のワキガの場合、手術をすることは出来ないので、皮膚科でワキガ専用の薬を処方してもらうことをおすすめします。
市販のもので効果がない場合でも、皮膚科で処方される薬は効力が強いため、効果が期待出来ます。

外用薬、塩化アルミニウム液で殺菌

いろいろな制汗剤やデオドラントを試しても効果がない人でも、効果が高いです。
塩化アルミニウム液の効果は、汗を抑え、殺菌する働きがあり、ワキガ治療に有効な手段です。

使い方はとても簡単です。
コットンやティッシュに塩化アルミニウム液を含ませ、汗をかいていない状態のワキに塗布し、1時間は汗をかかないように気をつけます。
翌朝、シャワーで洗い流すと、かぶれを起こしにくくします。

また、汗と塩化アルミニウム液が混ざると、かぶれてしまうので気をつけましょう。
万が一、肌がかぶれるようなら、薄めて使用することをお勧めします。

最適な時間帯は、就寝前の塗布です。
朝にもう一度塗るのは効果がありますが、肌荒れの原因になりますので、就寝前の塗布のみがベター。

効果が早い場合は2~3日、遅くても3週間程度で効果が現れます。
即効性がなくても、根気よく使ってみましょう。
少しずつ、効果を感じられます。

しかし、3週間以上使っても効果がない場合は、塩化アルミニウム液の効果は期待出来ません。

内服薬、臭化プロバンテリンが分泌を抑える

皮膚科で処方される内服薬、臭化プロバンテリンは汗を出す伝達物質アセチルコリンの分泌を抑えてくれます。
ただし、副作用として、目、口の乾き、尿が出にくくなるなどの症状があります。
万が一、副作用が出たら、すぐに医師に相談しましょう。

効果があるけれど子供には心配

お子様が使用する場合は、副作用が気になるところだと思います。
子供の皮膚は弱いので、肌がかぶれやすくなります。

もし、お子様のワキガが軽度のものなら、ワキガ対策クリームなどを使って、様子をみることを検討しましょう。
最近は、制汗、消臭、殺菌、保湿が出来る天然成分を配合したワキガ対策クリームが出ています。

市販の薬で効果を試す

子供の間は手術を行わないで、アポクリン汗腺が成長しきってから手術を行った方が再発の確率が低くなります。
手術を受けるまでは、制汗、消臭、殺菌をしっかり行い、ニオイの元を除去しましょう。
最近はニオイに関するケア商品が出ているので、こちらを使って様子を見るのも手です。

特製エキシウクリーム

ワキガや汗のニオイを抑えてくれるデオドラントクリームで、引き締め効果、収れん作用がある成分が配合されています。
季節を問わず、ニオイに困っている人にオススメです。
使用方法は簡単で、わきを清潔にしたら、適量を塗布するだけです。

クリスタルデオ

ストーンタイプの制汗剤で、天然成分で出来ているので、子供にも使えます。
デオナチュレと同じストーンタイプですが、クリスタルデオの方が効果が高いです。

東京Lストアというサイトで購入出来ます。
1本で約1年持ちます。

通常価格4,980円が初回3,980円で購入出来るので、コスパがいいです。

セルファーマ・デオドラントクリーム

従来の制汗剤はイオンで汗を抑えるものだったのが、抗菌剤でニオイを抑える消臭クリームです。
1日2回塗布するだけです。
医療機関での取り扱いのみとなっています。

ワキガ治療では内面のサポートが重要

ワキガ対策に市販薬や皮膚科での処方薬で効果がないと、ストレスも加わってきてしまいますよね。
ワキガ治療では、そんな心のケアも重要になってきます。
心のケアも行ってくれるのが東京、大阪にある五味クリニックです。

東京&大阪の五味クリニックとは

東京、大阪にある五味クリニックでは、患者さんの治療だけではなく、メールでのサポートを行っています。
ちょっとした疑問、不安にも答えてもらえるので、ここで相談するだけでも心が軽くなるはずです。
また、読者の共有メールなどで、皆さんの同じような不安、疑問などが載せられているので、こちらからも答えのヒントになるものが見つかります。

ワキガ治療のプロ

五味医師は形成外科学、精神医学を専攻しており、心のケアを行いながら外科的手法を行っています。
また、患者さんが手術結果を実際に確認出来る「直視下剥離法(五味法)」を確立しました。
テレビ、雑誌などでも活躍している医師で、本も数多く出版しているので、一度読んでみるのもいいです。

手術以外の画期的な治療法EL法がオススメ

名古屋のさかえクリニックでの患者さんはの3分の1は、手術で効果が得られなかった人たちです。
また、ビューホットでの治療でも、効果がなかった人もEL法は効果があります。
EL法は安全&確実な治療法で、再発の心配もありません。

ビューホット治療とは?

ビューホット治療とは、針を皮膚へ刺して、高周波を皮下に流して汗腺を破壊するという韓国で開発された治療法です。
1回で治療効果を出そうとすると、ダメージが大きく出るため、熱傷を起こしてしまいます。
また、ピンポイントで汗腺を破壊することが出来ないので、効果が低く、傷跡も残ってしまうことが多いんです。

しかし、このビューホット治療で効果がなかった人でも、EL法を受ければ、確実に効果が出ます。

通常の手術とは違う治療法、EL法とは

EL(Electrolysis)法とは、ワキガ、多汗症の治療法で、汗、ニオイ、黄ばみを減少するための治療法です。
高周波で、ニオイの元であるアポクリン汗腺、汗の元であるエクリン汗腺、黄ばみの元である皮脂腺を破壊します。
高周波で汗腺を破壊することで、汗、ニオイ、黄ばみを減少させることが出来ます。

乳首ワキガにも効果があります。
この治療法は、手術よりも負担がありません。

しかし、EL法は、治療技術習得の難易度が高く、特別な機器の購入も必要なため、高収益が見込めません。
そのため、EL法の普及が遅れてしまっているのが現状です。

このEL法でも麻酔であるキシロカインを使用しますが、通常の手術の1/10~1/20の濃度、半分の量の麻酔を使用します。
そのため、リスクはありません。

オススメポイント

EL法のオススメ出来るポイントは、以下のものです。

・ワキガ治療の中でも特に効果が高い
・術後の痛みはほとんどない
・傷跡が残らない
・治療当日から日常生活ができる
・子供でも高齢者でも受けられる安全な治療法
・治療後すぐに効果を実感
・医師も実際に体験し、患者に広く紹介している治療法
・ピンポイントで確実に汗腺を破壊

通常の手術とずいぶん違うので、びっくりするかもしれませんが、安全でなおかつ効果が高いのがうれしいポイントですよね。

EL法の特徴

・治療時間は15~20分と短時間
・痛みは術中、術後、ほとんどない
・傷跡は全く残らない
・通院は3~6回程度必要
・日常生活の制限は一切なし
・シャワーなら当日から、入浴は翌日からOK
・治療直後から効果を実感
・高い安全性を誇る
・治療は小学生高学年から可能
・脱毛も一緒に出来る

術後の日常生活&スポーツは?

当日NGなのは、水泳と激しい運動のみです。
施術直後から、学校、塾など行くのは問題ありません。
また、軽いジョギング程度であれば、スポーツもOKです。

術後は違和感があるが問題なし

2時間程度、麻酔の違和感が残り、気になる場合がありますが問題ありません。
また、入浴も5分以内ならOKです。
翌日からは時間を気にせず、入浴して大丈夫です。

子供の治療の場合は?

子供が治療を受ける場合は、両親が立ち合い、治療していきます。
いかに、子供が痛みもなく、治療してもらえるか理解してもらえるはずです。

保険適用外だけど医療費控除の対象

初診時には必ず、保護者と一緒に治療の説明を受けます。
ワキガ治療は保険適用外になりますが、医療費控除の対象になるので、領収書は必ず捨てずに持っていましょう。

EL法治療なら専門医のさかえクリニック

さかえクリニックの院長、末武医師は、25年以上、美容外科医として様々なワキガ治療を行ってきています。
その末武医師が自信を持って、EL法治療を行っています。

治療までの流れ

1.電話で予約
予約前に質問がある場合、電話、問い合わせフォームで問い合わせが可能です。

2.受付
来院時、受付で悩みの有無を確認します。

3.カウンセラーからの説明
施術法、内容の説明、術後シュミレーションの実施をします。
また、術中、術後の経過についても、ここで説明を受けます。

4.専門医の診察&カウンセリング
院長の末武医師による診察、治療に関する効果、リスク、治療法、ワキガについての説明を受けます。

5.施術申し込み
承諾書のサインを行うので、シャチハタ以外の認印を持って行きます。
未成年の場合、同意書、または親の同伴が必要になります。

6.支払い
支払い方法は、現金、デビットカード、クレジットカードから選べます。
分割払いでの相談も応じています。(無利息)

7.血液検査
血糖値、肝機能、末梢血液などに異常がないか、5cc程度採血します。
また、B型肝炎などの院内感染を防ぐため、治療前の血液検査は患者全員に行います。

8.治療、施術
施術は院長の末武医師がすべて行います。
治療時間は片ワキ8分程度ですが、麻酔の時間や患部の冷却などを行うと、両ワキで合計30分程度ですべて完了します。
治療の順序は以下の通りです。

1.患部の消毒
2.麻酔
3.治療
4.抗炎症薬、抗生剤軟膏の塗布
5.患部の冷却
6.治療後は毛包炎を防ぐために、抗生剤を飲みますが、すぐに帰宅が可能
制約は特にないので、車の運転もOK
痛みもほとんどなし
7.アフターケアもしっかり
施術料金にアフターケアの料金も含まれている

焦らずゆっくり治療していこう

皆さん、いかがでしたか?
お子さんのワキガで悩んでいる人は結構います。

まだ子供だから、どのような治療をしたらいいのかが悩みの種ですよね。
手術にはリスクが伴い、オススメは出来ません。

しかし、手術以外にも様々な治療法が確立されており、ワキガケアをしていくには有効です。
まず最初に外用薬でケアして、様子を見てから本格的な治療法を考えるのでも、遅くはありません。
とりあえずは、薬でしっかり自己ケアの習慣をつけてあげましょう!