体臭で悩む女性へ…臭わせないワキガ対策完全版
TOP > パーツ別の体臭対策 > すそわきが対策は何が有効?正しい知識を持ってケアしよう

すそわきが対策は何が有効?正しい知識を持ってケアしよう

すそわきが対策は何が有効?正しい知識を持ってケアしよう

すそわきがに悩んでいる女性は多いのではないでしょうか?
しかし、すそわきがというのは、デリケートゾーンのニオイなので、相談しづらいですよね。
すそわきがだから、なんとか対策をしないと!と思いつつ、なかなか行動に移せない人は結構います。

そこで今回は、どんなことがすそわきがの対策に有効なのか集めてみました。
陰部のニオイであるすそわきがの対策は普段の生活からでも出来ます。

そもそもすそわきがってどんなもの?

すそわきがとは、デリケートゾーンの「わきが」です。
アポクリン汗腺から出る汗がアソコの常在菌に分解されると、あの独特のイヤなニオイが発生するんです。

また、ニオイ自体は陰毛部分から出ているものを指します。
欧米では約7割の人がわきがと多いですが、日本では1割程度で少ないです。

男性よりも女性の方がなりやすい

すそわきがには男性よりも女性の方がなりやすいです。
それは、女性の方が分泌物が多いので、どうしてもニオイは避けられないのです。
ただし、すそわきがではなく、単に一時的なニオイの場合もあります。

生理中&性行為後が臭い

すそわきがは体温の上昇、ホルモンバランスの変化でニオイがキツくなります。
そのため、性行為後はアポクリン汗腺が刺激され、陰部からの分泌物と混ざってニオイがキツくなります。
また、生理前後はホルモンバランスが変化しやすいので、どうしてもニオイがキツくなりがちです。

その原因は?

すそわきがの原因にもいくつかあります。
心当たりがある人は、注意しましょう。

アポクリン汗腺の汗

汗はエクリン腺とアポクリン腺という2つの汗腺から出ています。
エクリン腺から出る汗は通常の汗で、約99%は水で成り立っており、1%に塩分、アンモニア、尿素で、ニオイがあまり気になりません。

しかし、アポクリン腺から出る汗はタンパク質、脂質、ミネラル、核酸、鉄分、アンモニア、糖質など様々な成分が入っており、粘りけのある汗です。
また、こういった成分が皮脂腺から分泌される脂肪酸と混じり、常在菌に分解されたり、待機中の酸素、微生物によって酸化されると、イヤなニオイになるんです。

アポクリン腺は誰にでもある汗腺ですが、人によって汗腺の数や大きさが異なり、ニオイの強い人は数が多く、汗腺自体も大きいです。

尿、経血、オリモノで雑菌が繁殖

アポクリン汗腺からの汗を好むコリネバクテリウムという雑菌がすそわきがのにおいの原因になります。
この菌はアポクリン汗腺からの汗、尿、オリモノ、経血をエサにするので、増殖しやすいのです。

ムレた下着

下着の中は高温多湿なので、雑菌には良い環境です。
そのため、ムレが原因でも雑菌が繁殖してしまうんです。

ナプキン&オリモノシートのせいで臭い

ナプキンやオリモノシートをこまめに変えないと、コレでもムレてしまいます。
そうなると、ニオイがこもってさらに悪臭を放つことに!

普段のちょっとした対策

普段から清潔にすることを心がけるだけで、ニオイは軽減します。
是非試してみてください。

対策その1.ビデを使う

トイレットペーパーでは排泄物、分泌物が摂りきれない場合があります。
ビデで洗うことはとても有効なので、まめに洗いましょう。

対策その2.ウェットティッシュでふく

ビデがない場合は、デリケートゾーン専用のウェットティッシュで陰部をキレイに拭きましょう。
そうすることで、ニオイは軽減されます。
また、汗をかきやすい季節、スポーツをするときなどは、タオルやウェットティッシュを持ち歩くようにし、こまめにふきましょう。

対策その3.優しくケアする

正しいケア方法を知らない方は、是非この機会に、正しい洗い方をマスターしましょう。

デリケートゾーン専用の石鹸で洗う

毎日デリケートゾーンを洗うのは常識ですが、普通の石鹸で洗っていませんか?
実は普通の石鹸で洗うことで、アソコがかゆくなったり、ニオイが悪化していたりするんです。
普通の石鹸だと成分が強すぎて、悪玉菌だけでなく善玉菌まで洗い流してしまいます。

そうなると、膣に雑菌が増殖しやすくなり、ニオイが悪化します。
デリケートゾーンを洗うときは必ず、専用の石鹸で洗いましょう。

正しい洗い方

ゴシゴシ洗うとそれだけで強い刺激になってしまいます。
そうすると、炎症を起こしたり、常在菌を除去してしまうことになり、ニオイの原因菌が増殖してしまうんです。

キレイにしてニオイを軽減しているつもりでも、実は悪化させているんです。
石鹸を泡立てネットでよく泡立て、優しく指の腹を使って、ヒダとヒダの間も丁寧に前から後ろへ洗いましょう。

洗った後はしっかり泡を洗い流してください。
また、熱いお湯で流すのはやめましょう。
デリケートゾーンの皮膚は非常に薄いので、熱いお湯は刺激が強すぎます。

膣内部も専用洗浄剤で洗う

オススメはインクリアという商品で、善玉菌を守りつつ、汚れ、オリモノはしっかり洗い流してくれます。

石鹸の選び方に注意する

善玉菌を優位に保つには弱酸性の石鹸が良いと言われています。
そのため、デリケートゾーン専用の石鹸には弱酸性のものがオススメです。
また、低刺激なものを選ぶのがとても大事です。

湯船でリラックス

洗うだけでなく、湯船でリラックスすることが重要です。
ストレスは体をアルカリ性にしてしまうため、悪玉菌が優位になってしまいます。
そのため、ゆっくりと湯船に浸かることはニオイの軽減にもつながるんです。

対策その4 .食事の改善

食事の見直しだけで、ニオイはグッと減ります。

避けるべき食品

近年、欧米化が進み、日本人の食生活も肉類などの動物性タンパク質を中心に摂る食事になってきて、すそわきがになる人が増えています。
また、加工食品などは腸内環境を悪化させるため、悪玉菌が増え、排泄物のニオイを強めてしまいます。
さらに、血中にも吸収されてしまうので、全身のニオイがキツくなります。

肉、ジャンクフード、油っぽいもの、乳製品、卵、刺激の強いもの、においの強い野菜、アルコール、などはNGの食品です。
また、たばこもやめましょう。

取り入れるべき食品

魚、野菜、玄米、オリーブオイル、ごま油、ゆず、パプリカ、アセロラ、ニンジン、しそ、モロヘイヤなどを摂り入れましょう。
ビタミンCを豊富に含む野菜、果物は脂肪酸の酸化を防ぐので、におい対策に効果があります。
色の濃い野菜はβカロチンが多く含まれており、抗酸化パワーが豊富です。

緑茶、ほうじ茶などは、ポリフェノールが入っており、防臭効果が高いので積極的に取り入れましょう。
酢なども防臭効果があるので、普段の食事に摂り入れるとなお良いです。

ビタミンB群を多く含む穀類、豆類、食物繊維を多く含むキノコ類も防臭効果が高いので有効です。
また、ショウガも消臭、殺菌効果があります。

対策その5.通気性の良い下着を着ける

デリケートゾーンは高温多湿になりやすい部分です。
そのため、通気性の悪い下着、小さい下着を身につけると、湿気がこもりやすくなります。
そうなるとどうしても、ニオイが発生しやすくなるんです。

対策その6.ナプキン&ライナーはこまめに換える

長時間同じものを使っていると、湿気がこもり、雑菌が増えてしまいます。
ナプキン&おりものシートはこまめに替えるようにし、通気性の良いものを選びましょう。

対策その7.陰毛を処理する

毛があると菌が繁殖しやすく、ニオイも落ちにくいので、脱毛サロンや家庭用脱毛器で処理するのが有効です。
アンダーヘアの処理には家庭用脱毛機ケノン、Vライントリマーで処理する、すきばさみで毛量を減らすのもオススメです。

それでもニオイが変わらなかったら?

それでもニオイが変わらなかったら、専用ケア商品をプラスするのがオススメです。
症状の度合い、状況でアイテムを使い分けと良いでしょう。

使うときは、必ずパッチテストを行いましょう。
顔同様、とてもデリケートな部分なので、肌質によっては合わない場合もあります。

デオドラントを使おう

デオドラントとは体や汗のニオイを抑制したり、除去してくれるアイテムのことを言います。
皮脂分泌で起こるバクテリアの繁殖を防ぐための殺菌成分を配合したり、皮膚を清潔に保つための乾燥剤、汗の分泌を抑制する成分を配合しています。

用途や部位によって、使い分けられるよう、スプレー、ミスト、シートなど様々な商品が出ています。
デートや外出先で簡単にニオイをなんとかしたいときは、とても便利なので、1つ携帯しておくことをオススメします。

デオドラントを選ぶポイントはコレ

きちんと以下のことをチェックしてから購入しましょう。

その1.有効成分をチェック

すそわきがのニオイに有効な成分が入っているかチェックする必要があります。
その成分は以下の2つです。

イソプロピルメチルフェノール

殺菌、菌の増殖を抑える作用があります。

パラフェノールスルホン酸亜鉛

ニオイの原因となる汗を抑制してくれます。
必ずこの2つの成分が入っているクリームを選んでください。

その2.肌に優しい成分かチェック

デリケートゾーンはとても皮膚が薄く、敏感な部分なので、肌に優しい成分が配合されているものを選びましょう。
無添加、無香料、植物由来成分であれば、敏感肌の人にも安心して使ってもらえます。

その3.第三者機関で証明されている

第三者機関で証明されている商品を購入するのは、安心材料となります。

その4.医薬部外品がオススメ

すそわきが専用のクリームには、医薬部外品もあります。
医薬部外品とは、医薬品と化粧品の中間に位置するもので、人体への作用が優しいものです。
また、予防効果、改善効果が見られるものを言い、こういった効果のある化粧品に類似する厚生労働省が認可した製品のことです。

その5.返金保証があるのが安心

返金保証制度がある商品の購入をオススメします。
万が一、商品が自分に合わなくても、返金してもらえるので安心ですよね。
また、返金保証制度があるのは、自社製品に自信がある証拠なので、ここは購入考慮ポイントになると思います。

効果を実感出来るケア商品はコレ

病院で診察、治療、手術してもらう前に使ってほしいのが以下の専用石鹸、デオドラントなどのアイテムです。
まずは病院に行く前にコレでニオイをなくすことが出来ないか試してみることをオススメします。

デリケートゾーン専用の石鹸

デリケートゾーンせ引用の石鹸は弱酸性ととても肌に優しくなっているので、普通の石鹸ではなくこちらを選びましょう。

ジャムウクリアナノソープ

価格1,400円

12種類のジャムウ成分プラスツバメの巣、コラーゲンなど保湿成分、オスモフェロンという女性の魅力を引き出す成分も配合されています。
デリケートゾーンだけでなく、全身のニオイにも効果があり、黒ずみも軽減出来ます。
低刺激のデオドラント石鹸で、ニオイやムレの予防効果は高いです。

プラチナムラブソープ

価格5,184円

デリケートゾーン専用の石鹸です。
消臭効果があるプラチナナノコロイド、柿タンニンなど複数の消臭成分が配合されています。

また、ヒアルロン酸、プラセンタなど、保湿成分も入っているので、乾燥も防げます。
低刺激なので、敏感肌の人にもオススメです。

アンボーテフェミニーナウォッシュ

価格3,980円(トクトクコース初回価格)、5,980円

天然由来成分入りで、デリケートゾーンのニオイをケアしてくれます。
また、肌荒れ防止の天然成分も入っているので、オススメです。

コラージュフルフル泡石鹸

価格2,484円

泡で出てくるので、泡立て不要です。
低刺激、無香料、弱酸性なので、肌の弱い人にも安心して使ってもらえます。

デオドラントクリーム

最近は伸びがよく、べたべたしないクリームがたくさん出ています。

第1位クリアネオ

価格4,980円(1本定期便)

殺菌成分&制汗成分をWで配合している医薬部外指定の商品です。
永久保証制度があり、殺菌&抑臭効果は共に99.999%も証明されています。

無添加、無香料でニオイに効果のある柿渋エキス+7種の天然由来成分配合なので、敏感肌の人にも安心して使ってもらえます。
金属アレルギー、アルコールアレルギー、敏感肌、乾燥肌などのパッチテストが完了しています。

第2位ラポマイン

価格5,700円(定期便)

すそわきが専用クリームというわけではありませんが、柿の葉エキスが配合されており、ニオイの97.7%をカットしてくれます。
99.9999%の除菌力を持つだけでなく、21種類もの植物由来成分が配合されているため、保湿効果も抜群です。
肌も潤い、黒ずみ効果もあります。

クリアネオよりも高額ですが、肌への負担がないので、デリケートゾーンのケアにピッタリの商品と言えます。
90日間の返金保証制度があります。

第3位アクアデオ

価格5,980円(定期便)

発売して日が浅いすそわきが専用クリームですが、少しずつ人気が出てきている商品です。
殺菌&制汗成分にプラスして、肌を整える天然由来成分がたっぷり配合されています。
殺菌率99.9%で、無添加、無香料です。

ウェットティッシュタイプ

ウェットティッシュタイプだと気になったらトイレですぐにケア出来ます。

ソフィのデリケートウェット

価格455円(6枚入り2P)

落ちにくい汚れをふき取り、防臭効果もあります。
使用後はトイレに流せ、携帯にも便利です。

ディアルナ・ジャムウシート

価格1,570円(10枚入り3P)

ニオイの軽減効果+ジャムウという成分が配合されており、黒ずみの軽減が期待出来ます。
またお肌にも優しい弱酸性です。

保湿美容液

デリケートゾーンを洗ったら、顔と同じように保湿もしっかりしましょう。
デリケートゾーンの乾燥はニオイの元になります。

ピンキープラウド

価格2,850円(初回限定価格)
潤いを与えるアボカド油、ラベンダー油、ホホバオイル種子油など、天然油配合の美容液です。
保湿するだけでなく、肌の状態も整えてくれる優れものです。

デオドラント剤

お風呂以外で使えるので便利です。

イオンエチケット

価格5,980円

100%「特殊電解した高濃度のマイナスイオン水」で作られている化粧水です。
ノンアルコールなので、安心して使えます。
デリケートゾーンだけでなく、ニオイが気になる部分に使えます。

ビオカインローション

価格3,996円

善玉菌を優位にするローションです。
ホタテ貝殻のカルシウムで、ニオイ、ムレ、かゆみを抑えます。

消臭効果のある下着

消臭、抗菌効果がある下着が出ているので、こちらを使うとニオイの軽減につながります。

竹繊維入りシームレスショーツ

履いていないような感覚の下着です。
消臭、抗菌作用もあり、糸をほとんど使っていません。
ストレッチに優れているので、履き心地がいいです。

B.V.D.LADIES’

腰回りには汗取りパイルが編み込まれ、吸水・速乾機能のある糸を使っているのでいつもサラサラです。
また、抗菌防臭効果もあるので、いつも清潔に使えます。

銀イオンスプレー

タンパク質に作用して菌の増殖を抑制する効果のある銀イオンを使うのが有効です。
最近は、服の上からでも使えるものが出ています。

Ag+イオンパワーパワークリーン

価格5,184円

銀の粒が入った容器です。
自分で水道水を入れて、1時間待つと銀イオンスプレーが出来ます。
化学物質が含まれてなく、1年間何度でも作れるので、コストパフォーマンスがいいです。

ミョウバンスプレー

自分でも作ることも可能ですが、以下のものがオススメです。

アンダーアームスプレーEX

価格2,722円

ペパーミントもプラスして、消臭効果がアップしたスプレーです。
コンパクトサイズなので、携帯に便利です。

すそわきがの治療&手術

病院での治療や手術は高額になったり、デメリットがあります。
そのため、こういった治療は最終手段と考えましょう。

ヒューホット治療

陰部に細い針を使って高周波を流し、汗腺を破壊します。
メスを使わないのに、1度の施術、効果の高さ、再発が低いなど、注目の治療法です。
手術の翌日からシャワーもOKです。

この治療を受けたすそわきが患者さんの95%が解消されました。

電気凝固法

一つ一つの陰部の毛根に針を刺し、高圧電流を流してアポクリン腺を凝固して、機能を抑制します。
時間は30分程度で終わり、3ヶ月おきに2回行うことで、ニオイが軽減されます。
痛みもほとんどなく、傷も残りません。

しかし、陰毛が薄くなる人もいます。

ボトックス治療

ボトックス治療は通常、美容整形で使われますが、すそわきがにも効果があります。
ボツリヌストキシンを注入することで、神経伝達物質アセチルコリンをブロックします。
これで発汗を抑制出来ます。

1回の治療で効果が出ますが、5ヶ月~1年程度で効果がなくなります。
軽いすそわきがの人にはオススメですが、ニオイがひどい人は効果がない場合もあります。

切開手術

切開した手術もありますが、上記の治療の方がオススメです。

皮下組織切除法

皮膚を切開し、アポクリン汗腺を切除していきます。
術後1週間は固定しなくてはいけませんが効果は高く、傷もあまり目立ちません。

超音波吸引法

陰毛が生えている一番上の部分に小さな切り込みを入れ、超音波メスを入れます。
超音波の熱でアポクリン汗腺を破壊、吸引します。
皮下組織切除法よりも安価です。

手術のデメリットは?

手術を行うなら、デメリットをきちんと理解してからにしましょう。

切開手術の場合

切った場所の毛が生えない場合もあります。
また、陰部が腫れたり、硬く突っ張ることもあります。
さらに、アポクリン汗腺自体が全部取り除ききれず、再発する、ニオイが強くなる場合もあります。

保険も適用されないことが多く、治療費も十数万円と高額になります。
また、術後はガーゼを縫い込み、継続的に圧迫する必要が数日間必要です。
そのため、数週間入浴出来ません。

すそわきがの手術では、子宮や膣を触れることはないので、妊娠、出産に大きく影響することはありません。
ただし、一定期間、性行為が出来ませんが、それを過ぎれば問題ありません。

生活改善プラスαでケアしよう

皆さん、いかがでしたか?
普段の生活を改善するだけでも、ニオイは抑えられます。

また、プラスαのアイテムを使えば、軽度ならばニオイがほぼ気にならなくなります。
重度の方でも、ニオイの軽減に有効なのがよくわかりました。
是非この機会に、自分の生活を見直してみてください!