TOP
TOP > わきが対策 > ワキガを病院で治す!何科でどんな治療をする?費用やリスクとは?

ワキガを病院で治す!何科でどんな治療をする?費用やリスクとは?

ワキガ臭すら消える!臭いケア商品ランキング

商品 キャンペーン
通常¥9,800→定期コース¥4,960
詳細はコチラ
通常¥5,980→定期便¥4,980
詳細はコチラ
webで予約するとwebマガジンプレゼント。また通常¥8,560→定期コース¥5,700
詳細はコチラ

ワキガの対策にはケア商品を使ったり、生活習慣を見直したりといった方法がありますが、根本的に治すには、病院で治療するしかありません。

適切な治療を受けてワキガを治せば、もう臭いに悩むこともなくなるはず。

ワキガの治療方法には、専門的治療から手軽なものまで実はさまざまな方法があります。

そこでこの記事では、そもそもワキガの治療は何科で受けられるのか、また一般的な治療方法、費用・リスクについてなど、病院でのワキガ治療についてお伝えします。

それぞれを比較して、あなたにピッタリの治療方法を見つけましょう。

>>手軽に試したいならワキガ専用クリーム

ワキガの治療は何科・どこで診察する?

ワキガは皮膚科や形成外科、整形外科、美容形成外科、美容外科で治療が出来ます。
まずは皮膚科で診察をしてもらうのがオススメです。

自分はワキガだと思っていたら、実はワキガではなかった、という場合もあります。
医師の診断が下りて治療方針が決まってから、治療法を考えます。

皮膚科のおもな治療内容

皮膚科でのワキガ治療法は、手術治療ではなく塗り薬や飲み薬が処方されます。

処方されるのはニオイを抑える効果のある塗り薬や、汗を抑える効果、精神的な不安を和らげる効果のある飲み薬です。

他には腋臭に効果のある殺菌作用のある石鹸や脇汗を抑える制汗剤を処方されることがあります。
ニオイを抑えるための食事指導などもあり、いずれも保険適用の保険治療が多いので治療費も安く気軽に受診することができます。

美容皮膚科でもこの治療は行われています。
多くの美容クリニックでは美容医療だけでなく、脇臭症の治療の診療も行っています。

形成外科・美容外科のおもな治療内容

形成外科、整形外科、美容形成外科、美容外科の主な治療法は外科的なワキガ治療や手術治療となります。
どちらも、ワキガ治療を専門にしているクリニックが多く治療メニューも多いのが特徴です。

形成外科では保険が適用される保険治療ができることが多いですが、一方で美容クリニックや美容形成外科などの医院では保険が使えないことが多く、治療費は高くなります。

治療メニューと合わせて治療費も事前に医院や医師に確認することが必要です。

病院に行く前の注意点

病院に行く前の注意点として、わきのニオイが気になっても制汗剤など余計な香りのするものは付けないようにしましょう。

多汗症であることも多いワキガの人は自分のにおいや脇汗に敏感なので、どうしても他の香りをつけたくなるかもしれませんが、正確な診断がしにくくなる恐れがあります。

腋臭や脇汗がどうしても気になるなら、医院に出かける前に軽くシャワーを浴びる程度に抑えましょう。
また、診察などがしやすいように、受診する際にはゆったりとした服装で行くことをおすすめします。

ワキガの治療方法の種類

ワキガの治療法は、手術治療から投薬治療といった内科的治療まで幅広くあります。

これから紹介する以外の治療方法もありますが、ここではよく行われている、一般的な治療方法について紹介します。

治療方針や治療法が決まったら、クリニックの担当の医師からしっかり説明を受けましょう。

塗り薬や飲み薬で治療する

塗り薬や飲み薬を使った治療は、ワキガの症状の中でも軽度の症状に有効な方法です。薬はニオイを抑える効果のある薬を使います。

塗り薬や飲み薬は皮膚科や美容皮膚科などで行われる治療法です。外科手術に適さない未成年や子ども治療にもこの方法がとられます。

塩化アルミニウム液

「オドレミン」という名前で市販もされていますが、処方箋のほうが価格が安いです。

ティッシュやコットンなどに染み込ませてから、ニオイが気になる患部へと塗りこみます。

臭化プロバンテリン(プロバンサイン)

こちらは内服薬です。

汗の分泌を抑える作用があり、その副作用として、口や目の渇き、尿の出が悪くなるなどがあります。そのため、継続的な使用や子ども治療にはおすすめできません。

一時的に汗を抑えたいときなど、限定的な使い方が有効です。

精神面・自律神経に作用する薬

緊張や不安などから大量に汗をかく精神性発汗や多汗症には、精神安定剤、自律神経調整剤、中枢性の睡眠剤などの内服薬が処方されます。
薬を飲むことで、自分の多汗症や脇臭に対する不安感をやわらげます。

ただし、眠気やふらつきなどの副作用があるため、子ども治療には向きません。
クリニックや医師の指示にしたがって正しく服用しましょう。

ボトックス注射

保険の適用が可能な治療方法で、軽度から中度のワキガに効果的です。
主に美容形成外科などの美容クリニックで行われる治療法で、イデア美容皮膚科クリニック、中央クリニック、町田美容皮膚科形成外科などが有名です。

ボツリヌス菌をわきの皮膚下に注射することで汗を出す伝達物質の分泌を抑え、汗の量を一時的に減らします。

多汗症とワキガを併発している方や、精神面で不安や緊張から汗をかく緊張性多汗症の人に有効です。
痛みもなく、汗の根本に働きかけます。

レーザー治療

ワキガのレーザー治療にはミラドライとレーザー・デオドラント、ビューホットの3種類があります。
ワキガのにおいを起こす、アポクリン腺にレーザーを当て、汗腺を燃やします。

ミラドライはイデア美容皮膚科クリニック、共立美容外科、東京美容外科などで施術が受けられます。
レーザー・デオドラントは湘南美容外科クリニック、ビューホットは中央クリニックなどで施術を受けることができます。

ミラドライ、ビューホットやレーザー・デオドラントは腋臭症だけでなく、多汗症治療にも効果があります。
治療効果としては、痛みも手術痕もほとんど残さず治療できますので、子ども治療もできる比較的安心なワキガの専門的治療です。
一方で、重度のワキガの場合は再発のおそれもあります。

脱毛もできる!電気凝固法

毛穴に電気針を通して、高周波電流を流し、アポクリン腺と皮脂腺を破壊します。
麻酔をしない限り、痛みを感じる場合があります。

電気凝固法も脇臭症だけでなく、多汗症治療にも効果があります。

軽度から中度の症状に有効で、ワキガの治療と脱毛の美容治療が一度にできる治療方法です。
美容外科美容形成外科などの美容クリニックや、整形外科などで行われます。

直視下手術法

直視下手術法はワキガの手術のひとつで、ワキガの原因となる箇所を、医師が直接見て摘出します。

この方法のメリットは、原因となるアポクリン腺を確実にすべて摘出するため、ニオイも汗も確実に減り、再発の心配が少なく、治療効果も高いことです。

外科、形成外科などで行われます。

剪除法(せんじょほう)

剪除法は腋下を切開して裏返し、アポクリン腺をひとつずつ取り除いていく施術です。
麻酔を使用するので、痛みはなく、重度のワキガにも効果的で治療効果も高いです。

町田美容皮膚科形成外科、ヒロクリニック皮膚科などで施術を受けることができます。

非直視下手術法

ワキガの手術のなかでも、ワキガの原因を見ずに機械で除去するのが非直視下手術法です。
直視下手術法に比べて、短時間でできることと、手術痕が目立ちにくいことがメリットとなります。

皮下組織吸引法

脇の下に小さな穴を開け、そこから細かい管を通してアポクリン腺やエクリン腺、皮脂腺をかき出しながら吸い取ります。
傷口は目立たず、剪除法よりも広い範囲にアプローチできる方法です。
中度~重度のワキガに効果的です。
東京美容外科などで施術が受けられます。

超音波吸引治療法

皮下組織吸引法をベースにした方法で先端に超音波を発生させ、その熱でアポクリン腺を破壊しながら吸引します。

しかし、全てのアポクリン腺を取り除くことは難しいと言われ、技術によって火傷や合併症のリスクがあります。

軽度~重度の広い範囲のワキガの治療に効果的です。
数ミリ程度の手術痕が残りますが、それほど目立つものでもありません。
痛みもほとんどなく、ほぼ永久的な効果が得られます。

皮下組織削除法

カミソリの刃と皮膚を押さえるローラーを組み合わせた専用器具を使います。
カミソリ部分で皮下組織ごと削り、アポクリン腺やエクリン腺を除去できます。

傷口は小さく高い効果を期待できますが、回復まで時間がかかります。
また皮膚壊死のリスクがあり、ドクターの技術力も求められる、高度な手術となります。

>>ワキガの手術について詳しくはコチラ!

ワキガの治療方法、かかる費用はどれくらい?

ワキガの治療は、治療メニューによって治療費用も変わります。
効果期間、所要時間も踏まえて、参考にしてみてください。

費用 効果期間 所要時間
塗り薬・飲み薬 3000円~6000円程度 半年~1年 5~10分程度
ボトックス注射 3万円から保険適用 半年~1年 5~10分程度
レーザー治療 7.5~15万円程度から30万程 ほぼ永久的 5分程度
電気凝固 3万円から 発症する可能性あり 2~3時間程度(通院の必要あり)
非直視下手術法 4万円から 保険適用 半永久的 1~2時間(通院の必要あり)
非直視下手術法 30万円程度 半永久的 1時間程度(通院の必要あり)

ワキガの手術って保険は適用されるの?

重度のワキガでも比較的保険適用されやすい治療方法は剪除法となります。
保険治療ができない治療方法は全額自己負担になり、治療費は高くなります。

同じ治療法を選んだとしても、クリニックによって保険適用可・不可が分かれることもあります。
そのため、治療になるべく保険治療の方法を望むのなら、クリニックに希望を伝えるか、事前に保険適用の治療を行っているかチェックしておきましょう。

また、クリニックごとに治療実績や口コミも異なるので事前に詳しく調べておきましょう。

リスクを理解したうえで治療を決めましょう

他の外科治療と同じように、ワキガの手術はリスクが伴います。
まずはリスクを理解し、それでも手術をしたいという場合は手術を検討してください。

手術痕が残ることがある

ワキガの手術治療は、剪除法のように主にわきの皮膚下を切開し、内側にあるアポクリン汗腺を削る切開法が多いのでどうしても傷跡が残ります。

傷跡の大小はありますが、美容外科や美容クリニック、整形外科などで治療を受けても傷が残るのは同じです。

さらに、もしも施術範囲が広範囲になれば、それだけ術後の回復にも時間もかかります。

傷口が塞がったあとも、皮膚を切開しているので脇の皮膚が突っ張る感じがしたり、人によっては術後に内出血によってわきの下が黒く色素沈着してしまうこともあります。

ワキガは再発することもある

手術治療を受けたとしても、腋臭症が再発する可能性はあり、全体の5~10%程度は再発してしまう可能性があるとされています。

以上のリスクをよく理解したうえで、美容クリニックや形成外科で外科的な手術治療を行うかどうか判断しましょう。

また、受ける治療法の治療実績があり、口コミもいいクリニックを選びましょう。
一度はきちんと診療を受け、医院で良く相談して決めてください。

もし不安であれば、五味クリニックの院長である五味先生がワキガ治療についてまとめてくれているサイトや本があるので参考にされてみてください。
五味クリニックの院長先生が、とても親切にリスクやメリットについて説明してくれています。

まずは皮膚科でワキガ対策するのがおすすめ

外科や整形外科などでの外科手術治療はリスクが伴いますので、まずは皮膚科や美容皮膚科でのワキガ対策がおすすめです。

理由としては、皮膚科や美容皮膚科、美容クリニックから処方される薬は効力が強いため改善が期待できます。

処方される薬としては、外用薬(塗り薬)の塩化アルミニウム液が多く、腋下の汗を抑えて殺菌する働きがあり、市販の制汗剤などよりも効き目が高いです。

内服薬(飲み薬)としては、汗を抑える効果のある臭化プロバンテインなどが処方されます。

これらは、脇臭だけでなく、多汗症にも一定の効果があります。

手軽に試したいならワキガ専用クリーム

ワキガの症状の中でも重さによって、対処法が異なってきます。

軽度であれば塗り薬や飲み薬で対処できますが、重度になると手術が不可欠です。ですが、手術をすると傷が残ったり再発の可能性があったり、高額な費用も必要になります。

そこで、まずは手軽に試せるワキガ専用クリームを使うことをおすすめします。

NOANDE(ノアンデ)

殺菌力 ワキガの原因菌を100%透臭除菌!
効果持続力 24時間
定期回数 なし
返金保証 無期限で全額返金保証
価格 通常9,800円→定期コース4,960円
※送料無料

ワキガの原因菌を、従来の99.999%透臭を超えて、なんと100%を除菌!さらに、汗にも強いため効果が24時間も持続。

なんといっても、定期コースなら効果になっとくできなければ、無期限で全額返金ができてしまうんです!

手軽に試してみるならノアンデがおすすめです!

ノアンデ公式サイト

やっぱり手術で根本治療をしたいならココがおすすめ

リスクはあるけれど、ワキガを根本から解決するための治療を行いたいなら、美容クリニックがおすすめです。

東京美容外科

わき

【東京美容外科のここがポイント!】

  • 実績と高い技術、経験豊富な医師が担当
  • 無料カウンセリングができる
  • 全国にクリニックがあるから受けやすい
  • アフターケアを一生涯対応してくれる
実績と高い技術、経験豊富な医師だから安心して治療できる

医師を採用するさいに、美容外科医師10年以上の経験があるなどの基準を設けています。そのため、腕のある医師以外は担当することがありません。

さらに、技術を磨くために海外研修美容先進国との技術提携もおこなっています。

無料でカウンセリングができるので、話だけでも聞いてみてはいかがでしょうか。

東京美容外科の公式サイト

ワキガ(腋臭症)の検査・判断基準は?

ワキガかどうかを判断するには基準があります。
まず粘性耳垢であるか、です。
ワキガの人は多汗症であることも多く、耳の中にもアポクリン汗腺があり、その場合耳垢は湿っていることが多いです。

そして、ワキガの自覚症状と、他覚症状があるかです。
自分で脇臭を感じるだけでなく、他者からも脇臭を指摘されたことがあるならワキガの可能性が高くなります。

このような基準に当てはまったうえで、実際に脇にガーゼを挟み医師がニオイを嗅いでワキガを検査します。
他にも、血液検査など詳しく調べてくれるクリニックもあります。

ワキガ発生する原因

ワキガが発生する原因は、水分、脂肪酸やたんぱく質、アンモニアを含む汗を出すアポクリン汗腺と常在菌が関係しています。

人の汗腺には2種類あり、水分だけを出すエクリン汗腺と上記のアポクリン汗腺があります。

汗そのものが匂うことはありませんが、アポクリン汗腺から出たたんぱく質やアンモニアを含む汗が肌表面の常在菌と混ざり、分解されることでワキガ独特のにおいが発生します。

また、アポクリン汗腺から出た汗と皮脂汚れが混ざることでもニオイが強くなります。

アポクリン汗腺の数は遺伝する

正確にはワキガ体質は遺伝しませんが、ワキガの原因となるアポクリン汗腺の数は遺伝します。
皮膚に分布するアポクリン汗腺の数は生まれつき決まっており、優性遺伝のため両親の影響は強いです。

両親ともにワキガなら80パーセントの確率で、両親のうちのどちらかがワキガなら約50パーセントの確率でアポクリン汗腺の数は遺伝すると言われています。
ワキガの人に多汗症が多いのも、ここに起因します。

ただし、アポクリン汗腺が多いと必ずワキガになるのではなく、生活習慣の改善などによってワキガのニオイを抑えることは可能です。

>>ワキガの原因について詳しくはコチラ!

自己臭症(自己臭恐怖症)の場合はまず心の治療を

自分では脇臭があると思っていても、実際には臭っていると勘違いしているだけの場合もあります。

このような症状を自己臭症(自己臭恐怖症)といい、他人から臭いと思われていると思い込んでしまう症状のことを指します。

自己臭症である場合、外科や形成外科などできちんとワキガの治療を受けたとしても、まだ自分が臭っていると感じてしまいます。
ですので、ワキガの治療よりも先に、まず自己臭症の治療から進める必要があります。

自己臭症の治療は、ストレスや対人恐怖症、うつなども関係してくるので精神科心療内科などで行われます。

また、五味クリニックでは院長の五味先生がワキガの患者の心のケアを基本にし、外科的治療と組み合わせる新しい治療法をしています。
五味クリニックは新宿と大阪にクリニックがあり、カウンセリングや手術は予約制です。
休診日は日曜と祝日となっています。

気になる方はまず電話で予約の上、診療を受けてみてください。

病院でのワキガの治療法はしっかり相談して決めましょう

いかがでしたか?
ワキガの治療方法は症状の程度によっても変わってきます。
失敗してしまうと、再発や傷跡、色素沈着のトラブルなども起こり得るのです。
手術を考えている方は今一度、自分の症状に合う方法かクリニックでじっくり相談してみてはいかがでしょうか。

手術するまでではないけれども、今すぐにでも軽減させたいという人にはワキガ向けのデオドラントもおすすめです!
デオドラントで日常的に対策をして、治療はじっくり気長に様子を見るという方法もあります。
ニオイに神経質になりすぎる前に、ぜひ一度試してみてください!

>>実際に使ったからわかる!ワキガに効くデオドラント商品の見極め方

ワキガに悩む人に…おすすめ関連記事
ワキガや脇臭を何とかしたい!しかし、市販や通販でも商品が数多くあります。どれが本当に効く商品なのか商品を徹底比較し、おすすめランキングを作成!