体臭で悩む女性へ…臭わせないワキガ対策完全版
TOP > ワキガ対策 > 女性よりもキツイのはワケがあった!「男のわきが」その原因と対策

女性よりもキツイのはワケがあった!「男のわきが」その原因と対策

自分のワキから普通の汗とは少し違う独特な臭いがした時、

「この臭いなんだ?」

「ワキガなのかな」

と思う男性は少なくないと思います

一度自分の臭いを意識し始めると、大勢の人の中にいる時や好きな人といると時に、
「イヤな臭いを周りが感じていないか」と、気になるようになったりします。

そんな悩みを解消するためににはワキガの原因を知って適切な対策をしていくことが大切です。
そこで、ここではワキガの原因と臭い発生のメカニズムや自分でできるワキガ対策について解説していきます。

ワキガ臭を作る原因は2つ

人間には「エクリン汗腺」と「アポクリン汗腺」という2種類の汗を出す器官があります。

このうちアポクリン汗腺から出る汗が肌の常在菌に分解されると独特なワキガ臭が発生するのです。
アポクリン汗腺はわワキの下、耳、股間など、毛の生えている部分に存在します。

アポクリン汗腺の数・量・大きさは生まれつき人によって異なります。
アポクリン汗腺が少ない人もいれば、平均よりアポクリン汗腺の数や量が多く、働きが活発な人もいます。

そして、遺伝でワキガ体質になるのは、アポクリン汗腺の量が多く、活動も盛んな人です。

つまりワキガは病気ではなく、遺伝によってなる「体質」によって起こるのです。
そのため、人にうつすことも、うつされることもありません。
また、「不潔にしているからなる」というものでもありません。

女性よりも男性のワキガ臭の方が強く感じられる理由

男女を問わずワキガ体質の人はいます。
しかし、とりわけ男性のワキガ臭がキツく感じられやすいのはなぜでしょうか。

まず、男性は基礎代謝が高く、汗をかきやすいということが挙げられます。

また、女性は美容や便秘改善のために意識して野菜をとる人が多い傾向にあり、
男性は女性ほどではないといった、食生活の違いも影響しています。

そのほかにも男性のワキガ臭が強く感じられるのには以下の理由もあります。

男性ホルモン「アンドロゲン」の働き

何かのきっかけでホルモンバランスが乱れると、
男性の場合は「アンドロゲン」という男性ホルモンが分泌されやすくなります。
アンドロゲンが汗に混ざると女性が嫌がる体臭が強くなってしまうのです。

スーツに臭いが染みついている

ワキから出た汗がスーツや衣類に染み込んでいませんか?

汗をつけたままのスーツや衣類が半乾きだったりすると細菌が繁殖して、
アポクリン汗腺からの汗と結びつき、衣類から臭いが発生していることもあります。

また、洗濯が十分でない場合にも細菌が繁殖して、汗と結びついて臭いが発生します。

ストレスによる発汗

アポクリン汗腺から出る汗は体温調節ではなく、ストレスを感じた時や精神的な緊張を感じた時に分泌されます。

特に男性の場合はストレスでホルモンバランスが乱れると男性ホルモンのアンドロゲンが出やすくなります。
すると、イヤな臭いにつながってしまうのです。

体の内外からの対策が必要

このように、男性は女性に比べて体臭が濃くなりやすい傾向にあります。

そこで、衣類に汗が染み込まないように気を付けたり、デオドラントアイテムを使ったりする外側からの対策と、食事・ストレス・ホルモンバランスに気を付ける内側からの対策が必要となってきます。

手術なしで臭わない!男のワキガ対策4つ

ワキガを治すためには手術でワキガ臭のもととなるアポクリン汗腺を取り除くことが必要となります。

一方で、臭いを改善するのなら日常に自分でできる対策もあります。
以下に4つの方法を紹介するので試してみてください。

1.制汗剤より「デオドラントクリーム」を

汗対策、ニオイ対策の製品は数多く販売されています。
同じような感覚で使用されている方もいらっしゃるかと思いますが、実は「制汗剤」と「デオドラント剤」では得られる効果や配合されている成分に違いがあります。

制汗剤の目的は、汗が出るのを抑えること。
汗を抑えるための「収れん剤」や、汗を吸収するための「吸収剤」、この2つの成分が配合されています。
一方でデオドラント剤の目的は、汗を分解して臭いを発生させる菌を殺菌し、嫌な臭いが発生しないようにすること。
殺菌効果のある成分と臭いに反応して消臭する成分が配合されています。

ワキガ臭対策として選ぶのであれば、汗を抑えるだけの目的のものではなく、殺菌作用のある「デオドラントクリーム」がおすすめです。
最近では制汗作用とデオドラント作用の両方の効果が得られる製品も販売されています。
商品を選ぶ時は期待できる作用や成分もチェックしてみて下さいね!

2.脇汗パッドでスーツを臭わせない

衣類に汗が染み込むと、衣類についていた細菌が汗の成分を分解し、そこから臭いが発生してしまいます。
ワキからの臭いに加えて衣類からも臭いが発生するとダブルの効果で臭いが倍増。
汗ワキパッドで衣類に汗が染み込むことを防げれば、大幅に臭いを抑えていくことができます。

また、パッドをつけておけば「洋服にワキ下の汗がにじんでいる状態」が見られることも避けられますので、見た目の清潔感アップにもつながります。

3.わき毛を剃る

男性だとわき毛を剃ることに抵抗を感じる方も多いかと思われますが、ワキガ臭の対策として考えると、わき毛を剃ることはかなり有効な方法です。

わき毛が多いと臭いが蒸れてたまりがちになってしまいます。
わき毛を剃って無毛の状態にしておくと、汗をかいても乾燥しやすくなり、通気性もよくなります。
こまめに汗をふき取りやすいですし、デオドラント剤も直接肌に塗りやすくなります。

4.ストレスをためない生活を

「冷や汗をかいた」という表現がありますが、こうした緊張時・ストレス時にかく汗はアポクリン汗腺から出る汗であることが多いのです。
ストレスや精神的緊張はワキガ臭を強めてしまう大きな要因になります。

「臭いが心配」という気持ちがストレスになって悪循環になることもあるでしょう。
ワキガ体質の方でも「汗」と「汗の成分を分解する菌」への対策を行っていれば臭いのコントロールはできますので「こんなに対策をしているから大丈夫!」と安心していきましょう。
また普段から睡眠・休息・運動・趣味の時間を上手に取り入れてストレスをためこまない生活を意識してみてくださいね。

臭わせない習慣で悩み解消!

ワキガ臭は「アポクリン汗腺から出る汗」を「肌の常在菌が分解すること」で起きます。
そのため、「汗」と「菌」への対策がポイントになります。

遺伝のワキガ体質だったとしても、
紹介した対策などの“臭わせない習慣”を身につけてワキガ悩みを解消していきましょう!