体臭で悩む女性へ…臭わせないワキガ対策完全版
TOP > ワキガ対策 > ワキガを根本から治療するなら手術!効果・リスク・術後について

ワキガを根本から治療するなら手術!効果・リスク・術後について

ワキガ(腋臭)を根本から治療するなら、手術がおすすめです。
手術にはさまざまな方法があり、症状や術後の状態、リスクを知って検討する必要があります。

ワキガ治療の手術は、ワキガ治療を行っている皮膚科や美容外科、美容整形クリニックで受けられます。
ただ、病院によって行える手術内容も変わってくるので、必ずしも希望した手術ができるとは限りません。
病院選びの際には、どんな手術をしているかの確認をしましょう。

今回は、ワキガ治療のさまざまな手術とその費用、リスク、おすすめの病院をご紹介します。

比較的軽度なワキガへの手術

両親や親戚にワキガの人がいたり、耳垢が湿っているなど、わきがかどうか判別することは可能ですがワキガの重症度は自己診断で断定はできません。

比較的軽度なワキガなら手術は短時間で、手術跡なども目立ちにくい手術方法で治療ができます。

皮膚を切らない手術は入院や通院が必要ないため、仕事や学校を休まなくても治療ができます。

あくまで「軽度なワキガに有効」な手術なので、重症のワキガには効果があらわれなかったり、すぐに再発する可能性が高くなります。

ボトックス注射

ボトックス注射は、ボツリヌス菌の毒素によって、汗の分泌を抑える効果があります。

注入されたボツリヌス菌の毒素は、汗を出させるアセチルコリンという神経伝達物質の働きを阻害します。
もともと汗っかきの人の汗止めや多汗症の治療のほか、けいれんや斜視、美容外科ではシワの改善に効果があります。

ボトックス注射によって、脇汗を抑えることでワキガの匂いを軽減させることができます。
ワキガの症状が軽ければ簡単に改善できて、しかも制汗剤いらずになります。

治療費と効果

注射だけで済むので所要時間は5~10分。
注射だけなので痛みもほとんどなく、痕も残りません。

費用は約6,000円から10万円。
2012年11月からボトックス注射はワキの注射に限り、保険適応されるようになったため、より手軽に受けられるようになりました。

しかし、効果が持続するのは半年~1年程度です。

レーザー治療

わきがのにおいの原因であるアポクリン腺と、汗を出すエクリン腺をレーザーで破壊するワキガ治療法です。

皮膚を切らずに行える方法なので、リスクも傷痕もなく治療ができます。

皮膚科と美容皮膚科、美容整形クリニックなどで取り扱いがあります。
マイクロ波を使った「ミラドライ」と超音波を応用した「ウルセラドライ」が有名です。

治療費と効果

保険適応の場合とそうでない場合がありますので、クリニックに問い合わせてみることをお勧めします。
費用は75,000円から15万円程度で、自由診療の場合は価格が高めです。

手術時間も短く、5分程度で傷もないため、すぐに仕事もできて通常の生活ができる治療方法です。
ただし、重度のワキガのニオイを抑える効果は60~70%ほどで完治は難しいとされています。

電気凝固法

電気凝固法は、永久脱毛の電気脱毛と仕組みは同じです。

毛穴1つ1つに針を刺し、電気を流すことで毛根付近の皮脂腺とアポクリン腺を破壊します。

ただ、毛穴にアプローチする方法のため毛穴から離れた場所にあるアポクリン腺を破壊することができません。

治療費と効果

保険が適用できるかどうかは、症状によって変わります。
費用の相場は3万円から12万円で、他のワキガ治療法と比べると安くなります。

痛みは麻酔を使用すれば、ほとんど感じることはありません。

ワキの毛穴ひとつひとつに針を通すため、時間も2~3時間必要です。
場合によっては通院する必要もあります。

効果はあくまでニオイの軽減までのため、症状が重い人は完治できない場合があります。
アポクリン腺を破壊しきれず、再発する可能性もあるので自分の症状に合うかどうかをまずは医師に診断してもらいましょう。

皮下組織吸引法

皮下組織吸引法は美容外科で多く行われているワキガ治療法です。

もともとは脂肪吸引機として使われていたカニューレという機械でアポクリン腺を吸い取ります。
カニューレは細い管状の機器なので、ワキの下に10ミリ程度メスを入れるだけなので、傷痕は目立たなくなります。

エクリン腺や皮脂腺も吸い取ることができるので、多汗症の症状が見られる方にも有効です。

治療費と効果

広い範囲でアポクリン腺を取り除くことができますが、取り残しの可能性が高い方法です。
もともとやわらかい脂肪を取り除くための方法なので、しっかりと皮膚にくっついている腺を完全に吸い取ることは難しいです。

また、腺の根元が残ってしまうと一時的に効果を感じても再発する可能性が高くなります。

費用に保険は適用が出来ず、15万円以上かかります。

超音波吸引法

皮下組織吸引法を改良した形となるのが超音波吸引法です。

皮下組織吸引法と同じくわきの下を1センチ程度切って、皮膚の下に超音波メスを入れます。
メスの先から超音波が流れ、アポクリン腺をドロドロに破壊しながら切除します。

汗腺を破壊しながら行うため、皮下組織吸引法より効果的にワキガの改善が出来ます。

治療費と効果

保険適用外の手術法となり、費用は18万~30万円となります。

効果としては、取り残しなどによってアポクリン腺が再生し、再発する可能性もあります。
また、超音波の周波数によって汗腺だけでなく皮膚組織に火傷や水ぶくれなどを起こしてしまうリスクがあります。

しかし、皮下組織吸引法よりは改良されているため、軽度のワキガならかなりの治療効果が期待できます。
ある程度ニオイを抑えたい、ワキガの症状が軽いという人は受けてみる価値があります。

重度のワキガ手術

重度のワキガには、確実にワキガのもとを取り除ける手術が必要です。

マイクロリムーブ法

マイクロリムーブ法はワキを10ミリほど切開して、細長いマイクロシェービングコンソーラーという治療器を皮膚の下に入れます。

マイクロシェービングコンソーラーを皮膚の下で動かし、ワキのアポクリン腺を取り除きます。

治療器がとても細く、小回りが効くのでワキ全体のアポクリン腺をしっかりと取り除くことができます。
その反面、執刀医が直接目で確認できない上に機器の取り扱いが難しく、病院選びによっては失敗や再発のリスクが高まります。

治療費と効果

マイクロリムーブ法の手術時間は1時間程度が目安です。
痛みはほぼなく、手術痕は10ミリ程度の傷だけなので、それが塞がればほとんどありません。

アポクリン腺をしっかりと取り除くことができれば効果は半永久的なので、中度から重度のワキガの治療ができます。

ただし、保険適用外の治療のため、費用は25~30万円が目安です。

皮下組織削除法

稲葉益巳医学博士が開発したイナバ式皮下組織削除法のことです。

皮膚を外から抑えるローラーとカミソリのような刃で皮膚をはさみ、アポクリン腺をそぎ落とします。

ワキの下を1センチ程度切って、そこから刃の部分を差し込むため傷が小さい割には高い効果を発揮する治療方法です。

皮膚を薄くそぎ落とす手術のため、失敗してしまうとアポクリン腺がうまく取れなかったり、皮膚に穴が開いてしまいます。
医師の高い技術が求められます。

皮膚を削っているため、ワキが少し変色します。

治療費と効果

1ヶ所の傷口は小さく済みますが、場合によっては数箇所にメスを入れて、広範囲の皮膚をそぎ落とすこともあります。

かなり高い効果を期待できる方法ですが、手術後2週間は皮膚を定着させるためにワキを固定しなければなりません。
通常の生活に戻れるようになるには、全部で3~4週間かかります。

保険外の手術なので、費用は20~40万円かかります。

剪除法

剪除法はワキガ手術で唯一の医師が目で直接確認して行う直視下摘除法です。
皮弁法、反転法とも言われます。

ワキの下を3~5センチ切開し、皮膚を裏返して粒状のアポクリン腺を確認し、1つ1つ取り除きます。
他の手術と違い傷口は大きくなるので、実績のある技術の高い執刀医を選びましょう。

皮膚を裏返し、アポクリン腺をとった皮膚を定着させるためにしばらくワキの傷口をガーゼで固定します。
一般的には術後2~3日でガーゼ除去、包帯は4~5日で外せるようになります。

治療費と効果

費用は30~50万円ですが、保険の適用ができます。
症状や自己負担の割合によりますが、平均して5万円程度に収めることができます。

アポクリン腺を見ることができない方法と違って確実な除去方法なので、術後再発はほとんどありません

ワキガ治療手術後の5つのリスク

実は、手術の方法によっても変わりますが、ワキガ治療に共通して起こりうるさまざまなリスクがあります。
また、発生したリスクから合併症が起こることもあります。

安易に手術を希望する前に、どんなリスクの可能性があるのか確認しましょう。

1.手術跡ができる

ワキガ手術はメスで皮膚を切る必要があるため、どうしても手術痕が出来てしまいます。

手術痕を小さく済ませる方法だと1センチ程度ですが、かわりにワキガの再発や取り残しなどのリスクが発生します。
最も大きく皮膚を切る必要のある剪除法の場合、医師にもよりますが約3センチから5センチの跡になります。

傷跡の残りやすさは本人の体質に加えて、医師の技術力も影響します。
縫合の具合や傷の治り具合によって、傷口がまた開いてしまうこともあります。

かぶれ・かゆみ

手術後皮膚の定着に時間がかかると、ワキの固定と圧迫期間も長くなります。
その分、固定のためのテープやガーゼでかぶれやかゆみが起きる可能性が高くなります。

ワキの固定中は入浴はシャワーのみで、わきに水がかからないよう注意が必要です。
固定期間中は想像以上に不便になるので、家族に協力してもらえるようにしましょう。

学生は夏休みに治療を希望することが多いですが、固定が必要な手術は避けたほうがいいかもしれません。
夏脇汗をかきやすい人は特に、汗やムレが少ない季節のほうが皮膚への負担を減らせます。

ひきつれ感・違和感

傷口は縫合されるため、完全に皮膚が定着するまではワキの皮膚が引っ張られるように感じることがあります。
脇に違和感や感覚が薄くなるという人もいます。

これは手術が成功していても起こります。
皮膚を削ったことによるものなので、皮膚が再生すれば半年ほどで回復することがほとんどです。

2.血腫

出血した血が皮膚の下に溜まってしまうことでできます。

手術時にドレーンという管で取り除ききれなかった血が溜まったり、術後のワキの固定が不安定なことが原因です。

血腫が出来たときは早急に除去手術を行います。
放っておくと、皮膚壊死につながってしまいます。

皮膚壊死

皮膚の一部に血が巡らないまま、皮膚細胞が死ぬ状態です。
血腫を除去をしないままにしてしまうことで起こることが多いです。

または、術後の消毒不足やワキの固定が不十分だったことによる細菌感染が原因となります。

壊死した部分はすぐに取り除く必要があり、完治するまで数ヵ月かかります。

3.脱毛

アポクリン腺と汗腺の除去とともに、毛根も除去されるため脇毛が生えなくなります。

女性の場合は脱毛がメリットになりますが、男性はメリットかデメリットか考えてみたほうがいいかもしれませんね。

4.色素沈着

皮膚が傷付いているためメラニンの分泌が活性化され、茶色っぽく色素沈着することがあります。

ただし、一時的なもので、手術痕が薄くなった1年程度で色素沈着は落ち着くことが多いです。

5.術後臭

ワキガの手術後に違うニオイがしたり、別の部位からワキガのニオイが発生することを術後臭と言います。
しかし、術後臭は医学的には手術が原因とは証明されていません。

ワキガを治したことにより、別の場所のニオイを強く感じるようになったか、臭いに対して敏感になっていることが考えられます。

ワキガ治療の病院を選ぶ3つのポイント

ワキガ手術のリスクを最低限回避し、治療するためには病院選びも大切です。
良い病院を見つけるポイントをまとめました。

1.手術の費用・リスクを明確に提示

医師選びにはまず、手術費用とリスクの説明を行っているかどうかを確認しましょう。

費用は行っている手術方法にもよりますが、決して安くはありません。
明朗会計のクリニックのほうが安心ですね。

前述したように、ワキガの手術にはリスクが起きない保証はありません。
可能性として、リスクについてもきちんと説明してくれる医師を選びましょう。

2.質問や意見をきちんと聞いてくれる

患者の話を踏まえた上で、治療方針について提案してくれるかどうかは大事なポイントです。

納得して治療を受けるには、相談に応じてくれる医師が信頼できますね。

3.口コミが良い病院

病院や医師の様子を事前に知るためには、口コミはとても有益な情報源です。

実際に診察を受けに行く前に、口コミ評価を調べて、自分に合いそうな病院選びをしましょう。

ワキガの手術が得意な病院

実績と経験のある医師がいるワキガ治療ができるオススメの病院をご紹介します。
口コミ情報も合わせて、自分に合った病院選びをして下さいね。

東京・五味クリニック

五味クリニックはワキガだけでなく、体臭、多汗の専門医として20年以上の実績があります。

患者への説明は院長自ら行っています。
リスクや術後の経過についても、実際の画像を使うなど、丁寧に説明してくれるので患者自身で手術の選択ができます。

重度のワキガを根本から治療するための手術方法として、直視下剥離法(剪除法)を確立しています。

五味クリニックの口コミ

五味クリニックは掲示板などで常に院長が相談を受け付けています。
実際クリニックで診療を受けた人の口コミもチェックしてみましょう。

無理に手術をすすめないから安心

院長先生は早口だけど、丁寧な説明をしてくれます。
強引に手術をすすめる感じもないため、術後のケアも踏まえて考えることができました。

確実に治したい人におすすめ

ワキガの症状で言うと中程度でしたが、五味クリニックで直視下手術を受けてニオイがなくなった。
確実にワキガを完治したい人におすすめです。

大阪・コムネクリニック

医師や看護師による対応やアフターケアが充実していることで口コミ評価の高いクリニックです。

ワキガ手術は皮弁法(剪除法)が保険適用で行えます。
熟練した医師による皮膚を薄く剥がす手術法で、ワキガのもとを取り除くことができます。

ワキの固定期間は1週間を基準としています。
固定期間中は不便ですが、術後のリスクを最小限に抑えるために必要な期間です。

コムネクリニックの口コミ

コムネクリニックでワキガ手術を受けた人の口コミをまとめました。

対応と手術も丁寧

コムネ先生は手術中も声をかけてくれて、丁寧に治療にあたってくれました。
他のスタッフの方もやさしく雰囲気のよいクリニックです。

アフターケアも万全

術後のケアについてもしっかりサポートがあるので安心です。
手術後はまったく臭いがなくなりました。

神奈川・川崎中央クリニック

独自の超音波治療「ウルセラドライ」によって、メスを使わないワキガ治療を確立しています。
傷跡も固定期間もない、画期的なワキガ治療法が注目されています。

医師もスタッフの対応も良く、費用に関しての説明も詳しく行っています。
ウルセラドライ以外の手術方法も、効果と合わせて丁寧に説明しています。

保険適用外ですが、リスクを抑えたワキガ治療を受けたい人は一度診療を受けてみることをおすすめします。

川崎中央クリニックの口コミ

ウルセラドライを目当てに治療に通う人が多い川崎中央クリニック。
実際の効果やクリニックの様子など、口コミを参考にしてみてください。

とにかく快適に過ごせるようになった

高校生のころから悩んでいたワキの匂いと汗。
ウルセラドライを受けたことで、においはデオドラントも制汗剤も必要なくなりました。

小学生も受けられるわきが治療

小学5年生の娘のワキガにもしっかり効果があります。
塗り薬をもらっていますが、痛みや痒みもなく、施術後5日目あたりから匂いがしなくなりました。

手術前にワキガ対策も根気よく続けて!

治療の目的は「ワキガの悩みを解消すること」です。
信頼できる医師としっかりと相談して、あなたの悩みを解消する手術を受けましょう。

手術のリスクとあなたの症状や希望を踏まえたうえで、手術を考え直すのもありです。

医師に相談した上で、手術を受けずに適切なワキガ対策をして改善できるケースもあります。
ワキガ対策をしっかり続けてから、手術を検討するのをおすすめします。

≫手軽なワキガ対策も知りたい人はコチラ